運営者プロフィール

WindowsServer関連まとめ記事

本記事対象者
WindowsServerを使っている人にオススメな情報やTipsが知りたい方

ども。あいしんくいっと( @ithinkitnet)です。

本ブログではこれまでWindowsServerに関する様々な記事を書いてきました。
基本的な設定からトラブルシューティングに関する記事、ActiveDirectoryやHyper-Vといった仮想化技術まで。
これまでどういった記事を書いてきたのか、私自身の振り返りも兼ねてWindowsServer関連記事のまとめを書いておきたいと思います。

ithinkit

あなたに役立つ記事があれば幸いです。

WindowsServerを使ってるなら知っておきたい豆知識

Windows10とは異なり、WindowsServerは2012だったり、2016もしくは2019だったりとバージョンが異なります。
ただ、根本的に大きく変わることはないのでどのバージョンにも応用可能なことが多いです。

WindowsServer触る上で知っておきたい基本的なこと

まず、目を通して欲しいのがこの記事。
最新OSであるWindowsServer2019のインストール手順です。
今後の主流となるOSなのでインストール手順を抑えておきましょう。
WindowsServer2019のインストール手順について

WindowsServerを構築した後に必要な基本設定をまとめています。
ホスト名やIPアドレス設定といったNW設定が終わったら、こちらの設定を行うと良いと思います。
WindowsServer2016を構築したら設定しておきたい5つの項目!

 

知っておくと便利な豆知識

続いてはこちらの記事。
Windowsクライアントからサーバに対してリモートデスクトップ接続出来ないことがあります。
そんな時はこちらの対応を試してみてください。
Windowsで「要求された関数は・・・」でリモートデスクトップ接続出来ない時の暫定対応!

あと、Windows環境だとActiveDirectoryがよく使われます。
ただ、ActiveDirectory1番のメリットであるGPOが上手く適用出来ないことがたまにあります。
そんな時はこちらの記事を確認してみてください。
ActiveDirectoryでGPOが適用されない時に確認したいこと

Windowsと並んで使われるLinuxとのファイル共有についての記事です。
簡単にファイル共有するならCIFSを使うのが手軽で便利だと思います。
WindowsとLinuxでCIFSを使って簡単にファイル共有する方法

続いて、意外と知らない便利なワザ。
リモートデスクトップ接続のセッションはタスクマネージャーから切り替えることが出来ます。
「作業していたセッションどこ行ったっけ?」って時は使えるかも知れませんね。
Windows Server 2012 R2のリモートデスクトップ接続でセッションを切り替える方法

 

WindowsServerで使える仮想化機能

仮想といえばVMwareが有名ですが、Windowsにも無料で使える仮想化機能「Hyper-V」が実装されています。
クライアントではクライアントHyper-V、サーバだとHyper-Vといった感じになります。
Hyper-V環境をWindowsServer2019で構築する方法

クライアントHyper-Vについては過去に記事書いてますので、宜しければそちらも確認してみてください。
Windows10でクライアントHyper-Vを使ってみる。セキュアブートの無効化は忘れずに!


WindowsServer以外にも、Windows関連の記事は過去にたくさん書いているので、そちらにも目を通してみてください。

ithinkit

もしかしたら、お役に立てる記事があるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)