クリスマス目前!商品レビューまとめ記事

WindowsServer2019のインストール手順について

本記事対象者
ESXi上にWindowsServer2019をインストールしたい人

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

VMwareな環境でESXi上にWindowsServer2019評価版をインストールしました。
その時に行った手順をメモとして書いておきます。

WindowsServer2019インストール手順

WindowsServer2019インストール前の注意点

ESXi上にWindowsServer2019をインストールする際、あらかじめ以下のチェックは入れておきましょう。仮想化関連で必要になります。
[仮想マシンプロパティ] – [仮想マシンオプション] にて「仮想化ベースのセキュリティの有効化」にチェック。

注意
チェックしておかないと「Hyper-V」機能のインストールに失敗します。使わないのであれば必須ではありません。

WindowsServer2019インストールの流れ

WindowsServer2019のインストールの流れは以下のとおり。
インストール手順は簡略化されており、迷うところは無いはずです。

STEP.1
仮想化ベースのセキュリティの有効化」にチェック
STEP.2
インストール種別の選択
STEP.3
ディスクパーティション設定
STEP.4
管理者(Administrator)パスワード設定
STEP.5
OS基本設定(Windowsupdate、NW設定、ドメイン参加等)

WindowsServer2019インストール手順

では、WindowsServer2019をインストールしていきます。

MEMO
冒頭でも書いたとおり、「仮想化ベースのセキュリティの有効化」にチェックが入っていることを確認してください

仮想マシンにインストールメディアISOをセットし、起動。
一瞬バグった?と思うけど、このまま我慢して待つとウィザードが進みます。

それにしても「unsuccessful」の表記は何となかならんのかな?
インストールエラー?と思ってググっちゃいましたよ。

WindowsOSインストール時の見慣れた画面。
日本語でインストールするので、そのまま「次へ」。

今すぐインストール。

もちろんGUI使うので「Windows Server 2019 Standard (デスクトップエクスペリエンス)」を選択して「次へ」

「同意します」にチェックして「次へ」。

新規インストールなので「カスタム: Windowsのみをインストールする(詳細設定)」を選択。

パーティションの設定。
インストール後にディスク管理でパーティション変更可能なので、いったんそのまま「次へ」。

インストールが始まるので気長に待つ。

途中、Administrator(管理者)のパスワード聞かれるので任意のパスワードを入力する。

しばらくすると起動時の画面になります。
これでWindowsServer2019のインストールは完了。

OS基本設定(Windowsupdate、NW設定、ドメイン参加等)

OSインストールウィザードで設定した管理者パスワードでログインし、OSの基本設定を行います。
簡易なパスワードを設定したい場合はこちら。
【Windows】簡易なパスワードを設定!パスワードポリシーを変更する方法

仮想環境を構築するのもアリですね。
Hyper-V環境をWindowsServer2019で構築する方法

参考として、WindowsServer2016時の記事をおいておきます。
設定すべき項目はさほど変わらないと思いますので、参考にしてください。

WindowsServer2019のインストールですが、流れとしては2016の時と同じような感じでした。
特に悩むこともなく、サクッとOSインストール完了すると思います。
参考まで。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)