Amazonでギフトを贈ろう!

Windowsのデータ移行、ファイル共有からのrobocopyで楽々解決!

Windows使っていると、「ファイル共有してネットワークマウントして、マウントしたフォルダ内のデータをローカルにコピーしてデータ移行」といった作業をすることがあります。
ここではネットワーク共有からドライブマウント、robocopyまで一連の流れをご紹介しておきたいと思います。
windows-robocopy-0

ネットワーク共有

共有

net share <共有名>=<共有するフォルダパス>

共有実行例)


C:UsersAdministrator> net share share=C:Users\Administrator\Desktop\test
share が共有されました。

共有解除

net share <共有名> /delete

共有解除例)


C:UsersAdministrator>net share share /delete
share が削除されました。

引数なしで実行すると現在の共有状態が確認出来ます。


C:UsersAdministrator>net share

共有名 リソース 注釈

-------------------------------------------------------------------------------
C$ C: Default share
IPC$ Remote IPC
print$ C:Windows\system32\spool\drivers
プリンター ドライバー
ADMIN$ C:Windows Remote Admin
share C:Users\Administrator\Desktop\test

コマンドは正常に終了しました。

ネットワーク共有確認

共有確認

net view <IPもしくはホスト名>

実行例)


C:UsersAdministrator>net view 192.168.11.5
192.168.11.5 の共有リソース

共有名 タイプ 使用 コメント

-------------------------------------------------------------------------------
share Disk
コマンドは正常に終了しました。

ネットワークドライブマウント/アンマウント

マウント

net use <IPもしくはホスト名>

マウント実行例)


C:UsersAdministrator>net use d: 192.168.11.5\share
コマンドは正常に終了しました。

アンマウント

net use ; /delete

アンマウント実行例)


C:UsersAdministrator>net use d: /delete
d: が削除されました。

あとは隠し共有なんかマウントしたりして。


C:UsersAdministrator>net use d: 192.168.11.5\c$
コマンドは正常に終了しました。

引数なしだと共有マウントの状態を確認出来ます。


C:UsersAdministrator>net use
新しい接続は記憶されます。

ステータス ローカル名 リモート名 ネットワーク名

-------------------------------------------------------------------------------
OK D: 192.168.11.5\share Microsoft Windows Network
コマンドは正常に終了しました。

robocopy (ロボコピー)

ロボコピーとは「Robust File Copy」の略であり、堅牢(robust)で確実なファイルコピーという意味。

ロボコピー

robocopy <コピー元> <コピー先>

オプション他多数・・・
とにかくオプションがいっぱいあるのですが、/MIRと/R:0を指定しておくと良いと思います。
/MIR・・・ミラーする
/R:0・・・エラーを無視(コピー出来るものだけコピー)

その他オプションはコマンドHELPを参照くださいませ。

※ くれぐれもコピー元とコピー先の指定を間違えないでくださいね。死ねますw

実行例)Dドライブ以下をCドライブ直下にあるrobocopyフォルダにロボコピー


C:UsersAdministrator>robocopy d: c:robocopy /MIR /R:0

-------------------------------------------------------------------------------
ROBOCOPY :: Windows の堅牢性の高いファイル コピー

-------------------------------------------------------------------------------

開始: 2015年5月22日 15:49:47
コピー元 : D:
コピー先 : c:robocopy

ファイル: *.*

オプション: *.* /S /E /DCOPY:DA /COPY:DAT /PURGE /MIR /R:0 /W:30

------------------------------------------------------------------------------

新しいディレクトリ 1 D:
新しいファイル 0 新しいテキスト ドキュメ
100% xt
新しいディレクトリ 0 D:新しいフォルダー

------------------------------------------------------------------------------

合計 コピー済み スキップ 不一致 失敗
Extras
ディレクトリ: 2 2 0 0 0 0
ファイル: 1 1 0 0 0 0
バイト: 0 0 0 0 0 0
時刻: 0:00:00 0:00:00 0:00:00 0:00:00
終了: 2015年5月22日 15:49:47

C:UsersAdministrator>

ログを取りたい場合は”>”で適当なファイルにリダイレクトしてやれば良いでしょう。

一連の流れをまとめておくと、

1. コピー元でファイル共有
2. ファイル共有確認
3. 共有されたネットワークドライブをマウント
4. ロボコピー

といった流れになります。
隠し共有を使うのであれば、ファイル共有部分の手順は省略出来ると思います。

隠し共有の記事はコチラ。

これら一連の流れをバッチ化しておいたりなんかすると、とっても幸せになれそうですね♪

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)