Windows10でtelnetを使わずTCPポートを確認する方法

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

TCPポートを確認するのに便利なtelnetコマンドですが、WindowsServer2012以降は標準で入っておらず、telnetを使うなら機能追加する必要があります。

telnetコマンドを追加してもよいのですが、TCPポート確認のためにわざわざ追加するのは正直面倒です。
そんな時は標準搭載されているpowershellコマンドの「Test-NetConnection」を使うと簡単にTCPポートの確認が可能です。

注意
telnet同様、UDPポートの確認は出来ません
試しにSNMPのUDP161番ポートを確認。
やはり、UDPはエラーが。

PS C:\Users\Administrator> Test-NetConnection 192.168.102.56 -port 161
警告: TCP connect to 192.168.102.56:161 failed

実際に使ってみたところ。
HTTPのTCP80番ポートはリッスン、SNMPのUDP161番ポートはエラー。

「Test-NetConnection」コマンドの使い方

「Test-NetConnection」の使い方は簡単。
telnetと同様にTCPポートの確認が可能です。むしろ、telnetよりも若干高機能かも?
例えば、お馴染みHTTPのポート80番をチェックした場合。

DOS
PS C:\Users\Administrator> Test-NetConnection 192.168.11.100 -port 80
ComputerName           : 192.168.11.100
RemoteAddress          : 192.168.11.100
RemotePort             : 80
InterfaceAlias         : Onboard LAN ポート 1
SourceAddress          : 192.168.11.200
PingSucceeded          : True
PingReplyDetails (RTT) : 0 ms
TcpTestSucceeded       : True

ポート確認程度なら、Test-NetConnectionで十分。
◾️コマンドヘルプ

名前
Test-NetConnection
概要
Displays diagnostic information for a connection.
構文
Test-NetConnection [[-ComputerName] ] [-CommonTCPPort] [-InformationLevel ] [] Test-NetConnection [[-ComputerName] ] [-Hops ] [-InformationLevel ] [-TraceRoute] [] Test-NetConnection [[-ComputerName] ] [-InformationLevel ] -Port [] 説明
The Test-NetConnection cmdlet displays diagnostic information for a connection. The output includes the results of
a DNS lookup, a listing of IP interfaces, an option to test a TCP connection, IPsec rules, and confirmation of conn
ection establishment.

ポート確認程度なら標準搭載されてる「Test-NetConnection」で済ませてしまうのが楽なのでオススメです。

ithinkit

telnetはポート確認だけでなく、メール送信出来たりするので便利なんですけどねー。

以上、あいしんくいっとでした(^◇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)