あいしんくいっとオススメ商品レビュー

robocopyでコピー先フォルダが見えない!コピー元ドライブ指定が原因かも

本記事対象
robocopyでコピー先フォルダが見えなくなる原因について知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

robocopy実施後、コピー先のフォルダを確認した時のこと。

ithinkit

あれ?コピー先フォルダが見えない!

robocopyログを見ると問題なくコピーが完了しているように見える。
でも、コピー先のフォルダは見えない。

一見、何もフォルダが無いように見えるが、

エクスプローラーにパス入力すると確かにフォルダは存在する・・・。

ithinkit

フルパス叩くとデータの中身は見えるけど、これは困った・・・。

この原因はコピー先フォルダにHS属性が付与されてしまったことによるもの。

Point
robocopyでコピー元にドライブを指定すると、コピー先フォルダにHS属性(隠しとシステム属性)が付与されてコピー先フォルダが見えなくなります。

 Windowsのエクスプローラーで表示される属性情報文字の意味は?

HS属性が付与されてコピー先フォルダが見えないときの対応

そんな時はattribコマンドを実行すれば良い。

attribコマンド
attrib -H -S コピー先フォルダ

これでコピー先フォルダのHS属性が削除されてフォルダが見えるようになる。

robocopyバッチにattribコマンドを仕込んでおこう

robocopyの実行ログ見ればコピー確認は出来るけど、コピー先フォルダが目視出来ないのは困りもの。
そんな時はrobocopyバッチの最終行でattribコマンドを実行するようにしておけば良い。

ithinkit

ちゃんとrobocopy出来てるか目視で確認出来ないと不安だからね。
(Theアナログ人間w)

robocopyをドライブ指定してコピー先フォルダが見えなくなった時はattribコマンドでHS属性を削除すると見えるようになる。

ithinkit

覚えておきましょう!

robocopyする上で知っておきたいことはこちら。
robocopyでデータ移行する上で絶対に知っておきたい11つのこと

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)