クリスマス目前!商品レビューまとめ記事

【Windows】ドライブレター変更をコマンド一発で行う方法

本記事対象
DVDドライブ等のドライブレター変更をコマンドで行う方法を知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

ドライブレターをコマンド一発で変更したい!

複数のHDDドライブを持たせている場合、CDROMやDVD-ROMよりHDDを優先してドライブレターの割り当てを行いたいもの。
そんなときはドライブレターを変更しちゃいましょう。

ithinkit

HDD3本積んでて、DがDVD-ROMとかなんか気持ち悪い。
この場合、DVDドライブのドライブレターをD→Fに変更し、HDDドライブをC,D,Eの並びにしたいところ。

ドライブレターの変更はGUIの「ディスクの管理」からでも行えますが、diskpartコマンドでも可能です。

diskpartコマンドでドライブレター変更(対話的)

ではs、diskpartコマンドを使ってドライブレターを変更します。
DVD-ROMのドライブレターをコマンドで変更する方法は以下の通り。

diskpartコマンド
diskpart
list volume
select volume 0
assign letter=f noerr
exit

Point
指定を「select volume X」とすることで任意のドライブを変更可能。

diskpartコマンドでドライブレター変更(応答ファイル)

あらかじめ応答ファイルを作成しておくことで、一発で変更可能です。
diskpartコマンドの引数に応答ファイルを指定して実行します。

diskpartコマンド + 応答ファイル
diskpart /s <応答ファイル> 
応答ファイル「ch.txt」の中身
select volume 0
assign letter=f noerr
コマンド実行例
diskpart /s ch.txt

念のため、マイコンピュータからもドライブレターが変更されたことを確認しておきます。
狙い通り、DVDドライブのドライブレターが「F」に変更されています。

ithinkit

ドライブレターの変更はコマンド出来る。
覚えておいて下さい。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)