Amazonでギフトを贈ろう!

OUオブジェクトが削除出来ない!「コンテナーを保護する」が有効なのが原因かも

本記事対象者
ActiveDirectoryにおいてOUオブジェクトが削除出来ない場合の対応。

デフォルトで「間違って削除されないようコンテナーを保護する」にチェックが入るため、通常だと削除対象のOU上で右クリックして削除を選択してもOU削除出来ません。
チェック入れたままOU作成してしまった場合の削除について書いてます。

OUが削除出来ない!

作成したOUが不要になったので削除しようとすると、何故かエラーで削除できない。

文章「~を削除するための純分な特権がないか、または間違って削除されたりしないようにこのオブジェクトは保護されています。」
といって怒られる・・・。

ithinkit

なにー、OU削除出来ないだとー。

でも、この動きは正常なのです。
思い返すと、「間違って削除されないようコンテナーを保護する」にチェックを入れたまま作成したOUなのでした。

これがまた、デフォルトでチェック入るからハマりやすい。。。

保護したOUは拡張機能を有効にして削除

「間違って削除されないようコンテナーを保護する」にチェックを入れて作成したOUは拡張機能を有効にし、OUプロパティでチェックを外して削除する必要があります。

OU削除の流れ的には、

STEP.1
拡張機能を有効化
STEP.2
削除対象OUのプロパティ開く
STEP.3
「誤って削除されないようにオブジェクトを保護する」のチェックを外す
STEP.4
OU削除
といった流れになります。

では、手順を見ていきます。

[表示] – [拡張機能]にチェックを入れます。

「拡張機能」にチェックを入れると表示される項目が増えます。

削除したいOUプロパティを開くとタブの種類が増えています。
拡張機能有効化前


拡張機能有効化後
「オブジェクト」「セキュリティ「属性エディター」の3つの項目タブが追加されました。

あとは、削除対象のOUプロパティを開き、オブジェクトタブ「誤って削除されないようにオブジェクトを保護する」のチェックを外すことで、

OU削除が可能となります。

削除したら、拡張機能のチェックを忘れずに外しておきましょう。


ithinkit

「誤って削除されないようにオブジェクトを保護する」のチェックを入れたOUは拡張機能を有効化して削除する必要がある。
覚えておきましょう!

以上、あいしんくいっとでした( ..)φメモメモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)