MENU

カテゴリー

WindowsPCで更新せずにシャットダウンする方法

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

仕事も終わり、「よし。さぁ、帰ろう!」とWindows のパソコンをシャットダウンしようとすると更新プログラムの適用が・・・。

適用される更新プログラムの量によってアップデートにかかる時間はマチマチなものの、早く帰りたいのに待つのはダルい。。。

だから、選択させろっての。

放置して帰れる環境なら良いんだけど、キーチェーン無しでロッカー収納とかだと終わるまで待つしか・・・。

あれば最高なやつ。

家のパソコンとかなら、「電源ボタン長押しで強制シャットダウン」してしまっても良いでしょうが、会社のパソコンとかで最悪データが飛んでしまったりすると、目も当てられない・・・。

こんなループに入ると、もう最悪。
と、そんな時はシャットダウンコマンドでパソコンを停止すると良いですよ、ってお話。

注意
Windows 7、8でのお話です。

WindowsをDOSコマンドでシャットダウン

「ファイル名を指定して実行」に以下のコマンドを打ち込みます。

shutdown -s -t 0

これで更新プログラムを適用させることなくWindows パソコンをシャットダウンさせることが可能です。

ちなみに再起動する時は、オプションの「-s」を「-r」に変えるだけ。

shutdown -r -t 0

ちなみにこの方法でもいけるらしい。
[Alt] + [F4]の組み合わせでシャットダウン。

ithinkit

早く帰りたい時、シャットダウンはコマンドで行いましょー。

以上、あいしんくいっとでした( ´ ▽ ` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SHARE