商品レビューまとめ記事

VMwareな仮想マシンを削除する2つの方法

本記事対象
仮想マシンを削除する方法が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

仮想マシンを削除したい。

不要になった仮想マシンを置いておくのはデータストアの容量的によくないですし、削除してしまうのが好ましいです。
では、仮想マシンの削除方法についてみていきましょう。

仮想マシンを削除する方法

仮想マシンを削除する方法は大きく2つあります。

  • WebClientから削除する方法
  • コマンドで削除する方法
注意
CLIからコマンドで削除するのはオフィシャルな方法ではありません。
可能であればWebClientを利用して削除することをお勧めします。

では、それぞれの手順をみていきます。

WebClientから仮想マシンを削除

削除したい仮想マシンを選択した状態で右クリックし、「削除」をクリックします。
これでデータストアから仮想マシンデータごと削除されます。
WebClientで仮想マシン削除

ポップアップに対して「削除」をクリックします。
削除ポップアップ

Point
登録解除を選択してしまうと、インベントリから仮想マシンの表示が消えるだけで、実データはデータストア上に残ってしまいます。
削除する場合はしっかり『削除』を選択しましょう。

コマンドで仮想マシン削除

vim-cmdを利用する方法、rmコマンドを利用する方法の2つを挙げておきます。

注意
どちらもオフィシャルな手順ではないです。可能な限りWebClientから削除しましょう。

vim-cmdコマンドで仮想マシンを削除

ESXiホストへSSH接続し、データストア上にある仮想マシンデータをvim-cmdコマンドで削除します。

vim-cmdで仮想マシンID確認
vim-cmd vmsvc/getallvms
vim-cmdで仮想マシン削除
vim-cmd vmsvc/destroy 

rmコマンドで仮想マシンを削除

インベントリから仮想マシンを登録解除します。
仮想マシン登録解除

ESXiホストへSSH接続し、データストア上にある仮想マシンデータをrmコマンドで削除します。

lsコマンドで確認後、rmコマンドで仮想マシンフォルダごと削除
ls -ld  /vmfs/volumes/SSD-DataStore/hoge
drwxr-xr-x    1 root     root         73728 Dec  6 14:10 /vmfs/volumes/SSD-DataStore/hoge

rm -rf /vmfs/volumes/SSD-DataStore/hoge

インベントリから削除してしまった仮想マシンを削除

削除するつもりが「登録解除」してしまった場合。
インベントリから削除した状態(登録解除)だと、データストア上に仮想マシンの実体データは残ったままになります。
データストア上に残った仮想マシンフォルダ

この場合はインベントリに再登録してから、あらためて削除すると良いです。
WebClientからデータストアブラウザを開き、対象仮想マシンの.vmxファイルを右クリック「仮想マシンの登録」をクリックします。
仮想マシンの登録

インベントリに登録されたら、仮想マシンを選択して右クリック「削除」をクリックします。
これで仮想マシンがディスクから削除されました。
仮想マシン削除

不要な仮想マシンを残しておくことはデータストアの逼迫につながるので、スナップショットと同様に削除することをおすすめします。
仮想マシンを削除する場合の参考まで。

ithinkit

仮想マシンの削除は慎重かつ、計画的に。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)