VMware vCenter ConverterでP2Vを試してみた結果!

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

物理サーバを仮想環境へP2Vするのにとても便利なVMware vCenter Converter。
使い方や注意点も含め、感想をつらつらと書いておきたいと思います。

VMware vCenter ConverterでP2V

今回は「VMware vCenter Converter 6」を試しました。
比較的新しいConverterだと、コールド移行はサポートされておらず、オンライン移行が基本となる模様。
今回のP2Vは別途、Converter用サーバは設けず、対象となるサーバにVMware vCenter Converterをインストールして直接データを抽出するイメージ。

ポイントとしては、ESXiには直接接続出来ず、vCenterサーバ経由でP2Vする形になるといったところでしょうか。
まぁ、vCenter Converterだけにね。

VMware vCenter Converterの詳細については下記に詳しく書かれているので目を通しておくと良いかも。

P2Vの流れ

では、簡単にP2Vの流れを挙げておきます。

1. VMware vCenter Converterインストール
2. 不要アプリ削除(仮想環境で必要ないもの)
3. P2V元サーバ上のサービス停止(DB等は特に)
4. P2V実行

P2V時の注意点

以外、P2V時の注意点。

  • 不要なアプリは削除

上に挙げた中でも「電源管理系のアプリは移行前に削除」しておきましょう。コイツのせいで「OS起動して2〜3分でシャットダウン」する事象が発生してプチハマり。

  • 名前解決必須

vCenter、ESXiとP2V対象サーバ間で名前解決が必須。なので、DNSな環境が整ってない場合はhostsにそれぞれ記載しておきしましょう。
名前解決出来ないと下のような名前解決に関係なさそ〜なエラーが。

下手するとハマる。。。

  • サービスは基本停止

ぶっちゃけ、サービス停止しなくてもP2V可能。
実際のところ、DB動かしたままでもP2V出来たし。
とはいえ、念のためにP2V中は極力サービスを停止しましょう。

インストールからP2V完了まで

今回はWindows7のクライアントPCをサーバに見立ててP2Vを試しました。

ディスク使用量はこんな感じ。
150GBのHDD1本をC,Dドライブに分割。

では、P2V対象となるサーバにVMware vCenter Converterをインストールします。
VMware vCenter Converterのインストールですが、基本的にはウィザードに沿ってインストールするだけ。
途中、「This local machine」が選択されていることを確認しておくこと。

インストールが終わったら、不要なサービスを停止し、P2Vを行います。

以下、P2V時の元サーバの負荷状況。
CPUを食い尽くす、といったことはなく、

NW帯域を食い尽くす、といったこともない。

P2Vにかかった時間ですが、今回の移行だと1時間かからずにP2V出来ました。

移行後の確認。

無事起動。

最後にひとつ注意点。

P2Vした後は必ず移行元サーバをシャットダウンしてから移行先サーバを起動しましょう。
でないとIPアドレス等、バッティングします。

・・・

VMware vCenter Converterを使ってP2Vしてみた感想としては、比較的安定してるなという印象でそこまでハマるところは無かったです。
ただ、上にも書きましたが、物理から仮想に変わることで削除が必要なアプリがあったりするので、その辺りは適宜削除が必要といったところでしょうか。

以上、あいしんくいっとでした(´Д` )

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

少しでも人の役に立つ記事書くことをモットーにブログ運営しています。
しょうもない記事も多いけど、たまには役立つことが書けると良いかなー。
気軽に楽しんでいってください。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly