運営者プロフィール

ESXi6で仮想マシンを簡単にコピーする方法について

本記事対象者
ESXi単体で仮想マシンデータをコピーして使う手順を知りたい方

ども。あいしんくいっと( @ithinkitnet)です。

VMware ESXiを使っていると、たまに「仮想マシンをクローンして使いたい」場面に遭遇することがあります。
新しく仮想マシンを構築するのも面倒だし、仮想マシンをクローン出来ると大変有難いのです。

ですが、無償版のESXiだと「WebClient」が使えず、クローンすることも出来ません。
(vCenterServerがないとクローン機能は利用出来ません)

バックアップではないのですが、”バックアップっぽく” 使えるとしたら、スナップショット機能くらいでしょうか。
ただ、スナップショットはバックアップではないですし、多用するとデータストアの逼迫、仮想マシンの動作に影響します。
esxi-virtual-machine-copy-0
ですが、ストレージ(データストア)にある仮想マシンデータを直接コピーしてインベントリに追加してやれば、クローンに近い機能を利用することが出来ます。

ストレージ(データストア)の仮想マシンデータをコピー

[仮想ホスト] – [構成タブ] – [ストレージ] の順に選択。
esxi-virtual-machine-copy-1

任意のデータストアを選択し、「データストアの参照」をクリック。
esxi-virtual-machine-copy-2

「/」を選択した状態でフォルダ作成ボタンをクリックして、
esxi-virtual-machine-copy-4

コピー先となるフォルダを任意の名前(半角英数字)で作成。
esxi-virtual-machine-copy-5

コピーしたい仮想マシンのフォルダを選択し、フォルダ内のデータを全て選択。
esxi-virtual-machine-copy-3

先ほど作成したフォルダを選択し、「貼り付け」。
esxi-virtual-machine-copy-6

仮想マシンのデータ容量や環境にも依存するとは思いますが、私の環境だと5分くらいでコピー出来ました。
esxi-virtual-machine-copy-7

仮想マシンをインベントリに登録

コピーした仮想マシンの「〇〇.vmx」ファイルを右クリックして、「インベントリへの追加」をクリック。
esxi-virtual-machine-copy-8

仮想マシンの表示名に任意の名前を入力し、「次へ」をクリック。
esxi-virtual-machine-copy-10

任意のリソースプールを選択し「次へ」をクリック。
esxi-virtual-machine-copy-11

サマリ画面を確認し、問題なければ「終了」をクリック。
esxi-virtual-machine-copy-12

仮想マシンがインベントリに追加されることを確認します。
esxi-virtual-machine-copy-13

コピーした仮想マシンを起動

コピーした仮想マシンを起動します。
esxi-virtual-machine-copy-14

起動させると、以下のメッセージが出力されるので「コピーしました」を選択し、「OK」クリック。
esxi-virtual-machine-copy-15

これでコピーした仮想マシンを起動させることが出来ます。

注意
この状態だと仮想マシンをまるまるコピーした状態なのでIPアドレスまで同じで起動してしまいます。
なので、IPアドレスやMACアドレスを変更する必要があるのですが、それはまた別の機会で説明したいと思います。

仮想マシンコピー後の作業はコチラを参照♪
ESXi6で仮想マシンコピー後に行う作業について

以上、あいしんくいっとでした。

注意
新規で作成する場合はコピーを選択します。それぞれで挙動が異なるので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)