❄︎
Amazonでギフトを贈ろう!

ESXi6で仮想マシンコピー後に行う作業について

前に「ESXi6で仮想マシンをカンタンにコピーする方法について」といった記事を書きました。
記事

その後、ネットワーク設定周りを確認したところ、MACアドレスはキチンと変更されていたので、「IPアドレスのみを変更すれば良い」ということが分かりました。
なので、今回は仮想マシンコピー後の作業について書いておきたいと思います。

注)個人的な検証しかしていないので、本手順を行う場合は自己責任でお願いします。

仮想マシンコピー後に行う作業について

※ コピーした仮想マシンを普通に起動させるとIPアドレスが同じなので「IP競合」してしまいます。
なので、コピーした仮想マシンの「NICアダプタ」のチェックを外して起動させ、コンソールから作業して下さい。

Evernote Camera Roll 20151127 083838

仮想マシンにてMACアドレス変更確認

MACアドレスがキチンと変更されていることを確認します。

コピー元)
# ip a | grep link/ether
link/ether 00:0c:29:2d:66:d2 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

コピー先)
# ip a | grep link/ether
link/ether 00:0c:29:dd:18:f1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

※コンソールにて確認

vSphereにてMACアドレス変更確認(GUI)

コピー元とコピー先で別のMACアドレスが設定されていることを確認します。

コピー元)
Evernote Camera Roll 20151125 082430
コピー先)
Evernote Camera Roll 20151125 082454
見る限り、バッチリ変更されています。

あとは仮想マシンで確認したMACアドレスと一致することも見ておくと良いと思います。

IPアドレス変更

今のままだと、「コピー元とコピー先のIPアドレスがバッティングした状態」ですので、コピー先のIPアドレスを任意のものに変更します。
# nmcli c modify 接続名 ipv4.address IPアドレス/サブネットマスク

コマンド実行例)192.168.11.126/24に変更する場合
# nmcli c modify eno16777984 ipv4.address 192.168.11.126/24

CentOSのIPアドレスの詳しい設定変更については以前の記事を参考してください。

 

NICアダプタのチェックを入れて起動

作業前に外しておいたNICアダプタのチェックを入れてコピーした仮想マシンを再起動させます。
Evernote Camera Roll 20151125 082454 (1)

接続確認

コピー元、コピー先とも正常にSSHなりで正常に接続出来ることを確認します。

いかがでしたか。
仮想マシンをコピーした後は今回の手順を必ず行うようにしてください。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)