商品レビューまとめ記事

【ESXi】仮想マシンのデータストアを移動する簡単な方法

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

vCenter環境であれば、sVmotoinで仮想マシンのデータストアを簡単に移動させることが可能。
vCenter Converterでも可能ですが、ちょっと手間考えると面倒。
VMware vCenter ConverterでP2Vを試してみた結果!

無償ESXi環境だとそう簡単にはいかない。

ithinkit

仮想マシンをデータストアごと移動させたい。

というわけでESXi単体で仮想マシンのデータストアを変更する方法について書いておきたいと思います。

ESXiの仮想マシンデータストア変更の流れ

仮想マシンのデータストアを変更する手順は以下の通り。

注意書きにもある通り、ISOマウントやスナップショットは取り除いておいてください。
仮想マシンのデータストア移動の流れ

STEP.1
仮想マシンシャットダウン
STEP.2
インベントリから登録解除
STEP.3
データストアブラウザで仮想マシンを移動
STEP.4
インベントリに登録
STEP.4
仮想マシン起動
注意
  • ISOがマウントされてないこと
  • スナップショットがないこと

ESXiの仮想マシンデータストア変更手順

HostClientでESXiホストへ接続し、インベントリから仮想マシンを登録解除します。

「はい」を押下。

データストアブラウザから移動対象の仮想マシンフォルダを選択して「移動」を押下。
(フォルダを選択して移動させることで中のファイルもあわせて移動可能)

データストア「SSD-DataStore」から「SSD-DataStore2」へ移動。

タスクでデータストア移動処理の進捗状況を確認することが可能。

移動処理が正常に完了することを確認します。

Point
30GBの仮想マシンを移動させるのに5分程度かかった。

「SSD-DataStore」にあったrhel8を「SSD-DataStore2」へ移動することが出来た!

移動した仮想マシンフォルダにある「仮想マシン.vmx 」を右クリックし、「仮想マシンの登録」を選択。

インベントリに仮想マシンが登録されることを確認。

初回起動時、質問への回答が出力されるので「移動しました」を選択して「回答」をクリック。

Point
質問への回答について)
「コピーしました」を選択するとvmxファイル内のUUIDが変更される。
「移動しました」を選択するとvmxファイル内のUUIDが変更されない。
どちらか不明な場合は「コピーしました」を選択するのが無難。

仮想マシンが正常に起動すれば、データストア移行は完了。

仮想マシンのプロパティを確認すると、データストアが変更されていることが確認出来た。

MEMO
基本的には上記手順でデータストア変更可能ですが、中にはエラーで移動出来ない仮想マシンもありました。
スナップショット無し、ISOマウントも取り除いたんだけどな。(原因不明)

ithinkit

仮想マシンのデータストア移動は慎重に!

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)