クリスマス目前!商品レビューまとめ記事

Raspberrypi2経由でSSHポートフォワーディングを利用してvSphereClientを使用する

ども。あいしんくいっと( @ithinkitnet)です。

外出先から自宅のESXiサーバにvSphereClientで接続したい時ってあるんですよね。
(あるのか?あるんですよ、たまにねw)

そんな時はRaspberrypi2でSSHポートフォワーディングして繋げるのが簡単です♪
vSphereClientからESXiに接続するには443,902ポートが必要になるらしいので、これらをSSHポートフォワーディングしてやれば繋がります。
では、手順を書いておきたいと思います。
§ 環境
ESXi:6.0
vSphereClient:6.0

「それ、Raspberrypi2じゃなくても出来るやん?」といったツッコミはなしで(笑)

hostsへの記載

127.0.0.1の名前解決を行うため、hostsに以下を記載します。
“C:WindowsSystem32driversetchosts”

「ファイル名を指定して実行」にて「drivers」と入力して実行すると、
drivers-hosts-open-0
途中までショートカット出来て便利です。

ただし、Windows10だとhostsファイルを簡単に編集することが出来ません。
なので、[すべてのアプリ] – [Windowsアクセサリ] – [メモ帳] を「管理者として実行」で起動。
drivers-hosts-open-1
「開く」からhostsファイルを開いてhostsファイルを編集してください。
drivers-hosts-open-2
127.0.0.1 <対象ホスト>
drivers-hosts-open-3

443,902のポートフォワーディング

443,902のポートフォワーディングを設定します。
sshポートフォワーディングについては以前書いた記事があるので、そちらを参考にしてください。
リモートデスクトップのポート番号を変更してセキュアに接続する方法

vSphereClientで接続確認

では、実際に接続して確認してみます。
先ほどhostsに記載したホスト名を指定し、ユーザーIDとパスワードを入力します。
Evernote Camera Roll 20151021 190002
無事に接続することが出来ました。
Evernote Camera Roll 20151021 190137

いかがでしょうか。
VPNがあれば、そちらの方が良いとは思うのですが、ちょっとした接続であればSSHポートフォワーディングして接続するのが楽チンですね。

私の場合、外出先から自宅に接続する際はRaspberrypi2をゲートウェイにしています。
Raspberrypi2を買って家に転がってるなら、ゲートウェイ化して使うのもアリかと思います。

以上、あいしんくいっとでした(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)