ESXiホストのMACアドレスが変更になった場合の対応について

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

時として、サーバには障害が発生します。
障害度合は大小あれど、下手をすると筐体が変わることだってあります。
当然ですが、筐体が変わるとMACアドレスも変わります。

という訳で今回は「ESXiホストの筐体が変わり、MACアドレスが変更になった場合」の対応について書いておきたいと思います。

ESXiホストの筐体が変わった際の注意点

筐体が変われば、MACアドレスをはじめとして色々と変わります。
確認ポイントを挙げておきたいと思います。

BIOS設定が変更になる

直接ESXiに関係ある訳ではないのですが、筐体が変わればBIOSも変わります。
なので、「BIOS設定が変わる」といった認識が必要となります。
BIOS設定を変更している場合は再設定が必要になりますので注意が必要です。

仮想マシン初回起動時に状態確認メッセージが表示される

筐体が変わるということはマザーボードやNICアダプタも変わります。
中でもマザーボードが変わった場合、仮想マシン初回起動時に仮想マシン状態を確認するメッセージが表示されます。
なので、「移動しました」を選択します。

WebClientの場合)

HostClientの場合)

「コピーしました」を選択した場合、仮想マシンの仮想NICのMACアドレスが変更されてしまう可能性があります。
(vSphere6だと、4分以内にメッセージに回答しない場合は「コピーしました」が選択されてしまうようなので注意が必要)

ESXiホストのMACアドレスが変わったタイミングで仮想マシンが存在した場合のみ聞かれるようです。ESXiホストが冗長構成の場合、仮想マシンを片寄せしておくことで回避することが可能です。

VM Kernelが保持しているMACアドレスが変わらないことがある

ESXiホストのMACアドレスが置き換わると、vmk0管理ネットワークのMACアドレスが更新されないことがあるみたいです。
なので、その場合はESXiホスト上で以下のコマンドを発行し、ESXiホストを再起動する必要があるようです。

# esxcfg-advcfg -s 1 /Net/FollowHardwareMac
ESXiを再起動

参照元 NIC カードを交換しても vmk0 管理ネットワークの MAC アドレスが更新されないか、vmkernel に重複する MAC アドレスが存在する (2088508)

基本的にESXiホストの筐体が変わってもMACアドレスが変わるだけで、仮想マシンには影響ないみたいですが、ESXiホストには上記の対応が必要になる場合があります。

vSphere6.5だとMACアドレスが変わると自動的に反映されてました
ithinkit
ESXiホストのMACアドレスが変わったとしても、取り立てて対応しないといけないことは多くない感じでした。

以上、あいしんくいっとでした( ..)φメモメモ

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。




少しでも人の役に立つ記事書くことをモットーにブログ運営しています。

しょうもない記事も多いけど、たまには役立つことが書けると良いかなー。
気軽に楽しんでいってください。


聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。

follow us in feedly