ニトリで子供のベッド選び。”お値段以上”の良いベッドは選べたのか?

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

とうとう、子供たちにベッドを買い与える時が来ました!
ベッドを買い与えるということは一人ずつ子供部屋を与えるということになります。

それにしても感慨深いですね・・・。
これまでずっと6畳一間に家族4人で川の字で寝てましたから。
いつかこんな日が来るとは思ってましたが、いざ来ると
それだけ子供たちも大きくなったということですね、嬉しいやら寂しいやらですが・・・。
とりあえず、”お値段以上”がウリのニトリでベッド選びすることにしました。

子供のベッド選びについて

まず、今回のベッド選びを行う上で予め決めていたことがあります。
それは以下の通り。

マットレスは買わない

子供が生まれる以前、ダブルベッドを所有していたのですが、マットレスの取り扱いが大変だったんですね。
何が大変だったかと言うと、「カビが生えて大変」だったのです。
布団と違って、ベッドは万年床になりがちです。
週一もしくは月一にキチンと天日干しとかすれば大丈夫なんでしょうけど、気づけばマットレスが”カビるんるん状態”になってた苦い思い出があります・・・。
その思い出が根強いので、妻の方針でマットレスは使わないといった話になっています。

二段ベッドは買わない

その昔、兄弟で二段ベッド使って寝ていた身としては「上で寝るか、下で寝るか」で揉めましたね。
それに二段ベッドって重いので家というか床に与えるダメージは少なからずあります。
(バブル期にバンバンと建てられた手抜き建築だった実家はそのせいで床が傾いてましたw)
しかも、大きくなるにつれ、兄弟別々で寝ることになるのは間違いないので二段ベッドを買うメリットは無いと判断しました。

スノコタイプのベッドを買いたい

とりあえずカビが生えた衝撃が凄かったため、防カビ対策はしておきたいものです。
なので、スノコタイプのベッドを購入する予定です。

方針を踏まえ、いざベッド選びへ!

やってきましたニトリ。事前に決めていたベッド選び方針に基づいてベッド選びを開始します。
と言っても、「少しでも安く、スノコタイプのベッドを買う」だけなんですけどねw
貧乏人の辛いところは”予算が限られているため、選択の余地が少ない”に尽きますね。
予算があれば、値段は度外視してとりあえず良いベッドを選ぶことになるんでしょうけど、我が家にそんな余裕はないorz
なので、安くて条件にあうベッドを選ぶことになります。

そんな中、こちらの条件に合致するベッドを発見!

値段が安くて、スノコタイプのベッド。
マットレスは不要なので¥13,797ですな。

ほ〜ら、この通りスノコになっとります。
はあぁ。値段を気にせずベッドを選べるような金持ちになりたい・・・。(切実)

他にもベッドはたくさんあるんですけどね、選べません高すぎて・・・(笑)

ホントはこんなベット選んであげたいけど、2ついるし無理だわ(笑)

と、子供のベッド選びに疲れ、ふと展示品のベッドに寝っ転がって天井を見つめる。
天井ってあんまり見ないけど、ライトの位置が変更出来るようにレールが付いてるんですね。知らなかったわー。
インテリアとの店って色々と考えられてんだなー。って感心したけど、ベッド選びにはまったく関係ないかw

そんなこんなでベッドを頼んだ結果、在庫がないらしく後日入荷となりました。
とりあえず「車で運べそうなら運ぶ、運べなさそうなら配送で」といった話をニトリの店員さんにしておくことにしました。

入荷日にベッド引き取り

とりあえず車でニトリまで行くことに。
ベッドを2つ購入したのですが、愛車キューブで持ち帰れそうなので持ち帰ることにしました。
配送にすると配送料¥1,500(だったかな?)がかかっちゃうので。
で、持ち帰ったベッドがこちら。組み立てるの面倒だし、部屋片づけるのも面倒ー。
って訳でとりあえず放置の方向で・・・(笑)

・・・

といった感じで子供のベッドを購入したのですが、組み立てるのが面倒そう・・・。

まずは子供部屋の掃除から始めないと話が進まないのですが、それは・・・。

ithinkit
よし!妻に任せようw

以上、あいしんくいっとでした( ^^) _U~~

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。




少しでも人の役に立つ記事書くことをモットーにブログ運営しています。

しょうもない記事も多いけど、たまには役立つことが書けると良いかなー。
気軽に楽しんでいってください。


聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。

follow us in feedly