運営者プロフィール

これは便利!Excelで重複行を簡単に見つける方法2選!(関数+条件付き書式)

ども。あいしんくいっとです。

仕事上、Excelを使う事が多いのですが、色々なTipsを知っておくだけでも仕事の効率は上がったりします。
でも、いくら便利なTipsでも使わないと忘れて行きますので、これからはちょくちょくメモして行きたいと思います。
記念すべき1回目は簡単に重複行を見つける方法を2つ紹介したいと思います。

検証はExcel 2007で行いましたが、バージョンが違っても手順に大きな差は無いと思います。

重複行を簡単に見つける方法(関数編)

一つ目は「countif」関数のみを使った方法になります。
では、簡単な例を交えて説明します。

以下のように重複を含む行があったとします。
tyoufuku-check-0

 

1. セルB1に下記の変数を貼り付けます。

=COUNTIF($A$1:$A$20,A1)

範囲指定を”絶対参照”にしているところがポイントです。

 

2. 貼り付けたセルを下までドラッグして一気にコピーします。
(右下部分を選択して)
tyoufuku-check-1

 

3. すると下記のように重複した部分は1以外の値となります。
ね、簡単でしょ♪
tyoufuku-check-3

 

重複行を簡単に見つける方法(関数編+条件付き書式)

次は応用です。
先ほどの関数と条件付き書式を使って、重複部分に網掛けしてみたいと思います。

1. まず対象となる範囲を選択し、条件付き書式をクリックします。
tyoufuku-check-2
tyoufuku-check-4

2. そして「新しいルール」をクリックします。
tyoufuku-check-5

3.先ほどの関数に「>1」を追加した「=COUNTIF($A$1:$A$20,A1)>1」を書式設定に入力します。tyoufuku-check-6

4.「塗りつぶし」タブを選択し、任意の色(ここでは赤)を選択し「OK」を押下します。
tyoufuku-check-7

5. そのまま「OK」を押下します。
tyoufuku-check-8

6. これで重複部分のみ網掛けされるようになります。
tyoufuku-check-9

 

いかがだったでしょうか。
ExcelはちょっとしたTipsを知っているか、知らないかで業務効率に大きな差が出ます。
特に関数はとっても便利ですので、一つでも多くの関数を覚えておくと良いと思います。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)