あいしんくいっとオススメ商品レビュー

Windows Server 2012 R2のリモートデスクトップ接続でセッションを切り替える方法

本記事対象
リモートデスクトップ接続でセッションを切り替える方法が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

Windowsのリモートデスクトップは便利なのですが、接続が不安定な場合はセッションが切れてしまうことがあります。
同一ユーザあたりのセッション数を増すことは出来るのですが、
Windows Server2012 R2でリモートデスクトップの同時接続制限解除+ユーザ追加他

リモートデスクトップのセッション数を増やしていて接続が急に切れた場合、再接続すると作業中のセッションとは異なるセッションに繋がってしまうことがあります。
リモートデスクトップ接続で別のセッションに繋がった
そんな時は「リモートデスクトップセッションの切り替え」をすると良いです。

頻繁にリモートデスクトップ接続する場合は接続ショートカットを保存しておくのも良いかも。
windowsでよく使うリモートデスクトップ接続を保存しておく方法について

環境によっては無理やりセッションを奪ったりすることも可能。
Windowsでログオンユーザーを強制的にログオフ、セッション切断する方法

Windows Server 2012 R2のリモートデスクトップ接続でセッションを切り替える方法

リモートデスクトップ接続で複数セッションを利用出来るのは良いのですが、セッションの急な切断には要注意です。

タスクマネージャー起動

タスクマネージャーを起動し、「ユーザ」タブから切り替えたいユーザセッションを確認します。
タスクマネージャー ユーザータブ
使ってたセッションの見極めは「CPUやメモリの消費量」を見ると大体分かります。

リモートデスクトップセッションの切り替え

切り替えたいユーザを右クリックし、「接続」をクリックします。
切り替えたいユーザを右クリック「接続」

注意
間違って必要なセッションの「切断」をクリックしてしまわないように注意して下さい。

これで元のユーザーセッションに切り替えることが出来ました。
元のユーザーセッションに切り替え出来た

不要なセッションはサインオフ(切断)

この状態だと、先ほどリモートデスクトップ接続したセッションは残ったままです。
余計なメモリ消費を避けるためにも不要になったセッションは切断しておきましょう。

先ほどと同様にタスクマネージャーを起動し、ユーザタブを選択します。
タスクマネージャー ユーザータブ

セッション切断したいユーザを選択し、右クリック「サインオフ」を押下します。
セッション切断したいユーザを選択し、右クリック「サインオフ」

注意
繰り返しになりますが、間違って必要なセッションの「切断」をクリックしてしまわないよう注意。

以下のようなポップアップが出力されますが、「ユーザのサインアウト」をクリックします。
ユーザーセッション切断に伴う警告ポップアップ
これで不要なセッションが削除されました。

通信が不安定な場合、繋いでいたセッションとは別のセッションに繋がってしまうことがありますので、セッションの切り替え手順を覚えておくと良いかと思います。

リモートデスクトップ接続時にはシャットダウン出来ないようにしておくのもアリかも。
リモートデスクトップ接続時にシャットダウン、再起動を非表示にする方法

意外と知らないリモートデスクトップの終わらせ方。
リモートデスクトップの終了方法。セッション継続なら×で閉じること

以上、あいしんくいっとでした(*´ω`

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)