Amazonでギフトを贈ろう!

スマホからリモートデスクトップ!マイクロソフト純正「Microsoft Remote Desktop」を試す!

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

外出先で思い出したかのように、

スマホから自宅のパソコンにリモートデスクトップしたい!

といったシチュエーションに見舞われることがたまにあります。
(それって私だけ?)

以前、スマホからサーバにSSH接続出来るアプリ「Serverauditor」を紹介しましたが、

中にはSSHではなく、Windowsサーバにリモートデスクトップがしたい!といった人もいるかも知れません。

そんな時はMSが用意している純正のリモートデスクトップアプリを使うと作業が捗ります!

という訳で今回はスマホからリモートデスクトップが出来ちゃう、マイクロソフト純正「Microsoft Remote Desktop」アプリを試してみたいと思います。

※ 前提として、すでに外部からアクセス可能なWindowsサーバが構築済みであることとします。

今回は検証として、AWS上にEIPでアクセス可能なWindowsのEC2インスタンスを構築しています。

スマホからWindowsサーバにリモートデスクトップする方法

アプリインストール

まずアプリをインストールします。
下記より「Microsoft Remote Desktop」をインストールしてください。
見た感じ、iPhone版/Android版共に用意されているようです。

Microsoft リモート デスクトップ

Microsoft リモート デスクトップ
無料

無料なので安心してインストールしてください♪
私はiPhoneを使っていますので、iPhone版をインストールしました。

スマホのGIP確認

外部からAWS上のEC2インスタンスに接続するには接続元のGIPをセキュリティグループで許可する必要があります。
ここでは「確認くん」を使って許可するGIPを確認してます。
smartphone-remote-desktop20160205
画像の「接続元のIP」をメモしておいてください。

セキュリティグループ許可

先ほど確認した「接続元のIP」からのRDPプロトコル(3389)を許可します。
(手順については省略)

スマホからリモートデスクトップ接続

スマホから「Microsoft Remote Desktop」を起動します。
remote-0

画面右上の「+」をタップします。
remote-01

接続の追加にて「PCまたはサーバーの追加」をタップ。
remote-02

接続の作成にて「PC名」と「ユーザ名」をそれぞれ入力します。
remote-03-1

「PC名」にEIPを入力します。
remote-04

ユーザー名にて「ユーザーID」と「パスワード」を入力します。
remote-05

すると接続先が作成されます。
remote-06

作成された接続先をタップし、画面右上の「承諾」をタップします。
remote-07

すると接続処理が始まり、リモートデスクトップ接続されます。
remote-08-0

接続したリモートデスクトップ画面はこんな感じ
remote-09-0

画面上部のキーボードアイコンをタップするとキーボード操作が可能になります。
remote-10-0

使ってみた率直な感想は「正直、ちょっぴり使いにくい!」です。

久しぶりにスマホからリモートデスクトップしてみた!

MS純正のリモートデスクトップアプリがアップデートされていたので久しぶりに使ってみました。
以前よりも使いやすくなってて驚きました!

スマホとパソコン、両方からリモートデスクトップしてみた。
s-Windows-remote-desktop201602162235

それにしても、スマホから手軽にリモートデスクトップ出来るのはやっぱり魅力的だと思いますね。
使い勝手が向上したことにより、今まで以上にスマホからのリモートデスクトップが捗りそうw
s-IMG_7216201602211002
操作性うんぬんかんぬんについては、今後のアップデートに期待といったところでしょうか。(MSさんお願いしますw)
MSさん、ありがとうございます!
操作感が良くなって使えるレベルになっているように思えたので、今後どんどん使わせてもらいたいと思いまーす。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)