MENU

カテゴリー

Windowsで「要求された関数は・・・」でリモートデスクトップ接続出来ない時の暫定対応!

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

サーバもしくはクライアントでWindowsアップデートが当たってたり、当たってなかったりすると、リモートデスクトップした時にこんなエラーに遭遇することがあります。

「認証エラーが発生しました。要求された関数はサポートされていません。」

例えば、Windows10 ⇒ WindowsServer2012R2へリモートデスクトップしようとした場合、こんなエラーや、

こんなエラーが出力されてリモートデスクトップ接続に失敗します。

原因としては、2018年5月のWindowsUpdate以降、リモートデスクトップのサーバもしくはクライアントそれぞれで認証に利用出来るプロバイダ(CredSSP)のバージョンに差異が発生したためにこういった接続エラーが出るらしい。

まぁ、早い話がサーバ、クライアントとも最新までWindowsUpdate当てろ!って話なんですけど、クライアントはともかく、サーバともなると上に乗ってるアプリとか、もろもろ影響範囲が大きいので気軽にWindowsUpdate当てるのって難しかったりするんですね。
そういった時、暫定的にリモートデスクトップ接続させたい時の対処法について書いておきたいと思います。

注意
セキュリティレベルは確実に下がるので注意してください。

関数エラーでリモートデスクトップ接続出来なくなった時の暫定対処

暫定対応としての設定はすごく簡単です。
ちなみにサーバ側、クライアント側、どちらか片方のみで暫定対応することが可能です。

サーバ側で暫定対応する場合

ここではWindowsServer2016で設定してみたいと思います。
まず、システムのプロパティを開いて「リモートの設定」をクリックします。

次にリモートタブを選択し、「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する(推奨)」のチェックを外します。

とりあえず、これでリモートデスクトップ接続出来るはず。

クライアント側で暫定対応する場合

どうしてもサーバ側の設定を弄ることが出来ない場合は、クライアント側のローカルグループポリシーの設定を変更することで、リモートデスクトップ接続を可能にすることが出来ます。

ファイル名を指定して実行にて「gpedit.msc」

ローカルグループポリシーにて以下の設定を選択します。
[コンピューターの構成] -> [管理用テンプレート] -> [システム] -> [資格情報の委任] ポリシー名 : 暗号化オラクルの修復

「有効」をチェックし、保護レベル「脆弱」を選択します。

これでリモートデスクトップ接続出来るはず・・・。
ただ、どちらもセキュリティレベルは確実に下がるけど・・・。

一番良い対処法はサーバ 、クライアントどちらも最新までWindowsUpdateをかけること。
それで確実に直るはず!
でもね、そんな当たり前のことがなかなか難しいんだけど・・・。
サーバ とかは特に、ね。

ithinkit

とりあえずの暫定対処ってことで。

以上、あいしんくいっとでした♪( ´θ`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SHARE