あいしんくいっとオススメ商品レビュー

Hyper-Vホストへ仮想マシンをインポートする方法

本記事対象
Hyper-Vホストへ仮想マシンをインポートする方法が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

Hyper-Vで仮想マシンをインポートしたい。

Hyper-Vで構築した仮想マシンを異なるHyper-Vホストへインポートする手順について書いておきたいと思います。

前提
Hyper-Vで構築した仮想マシンのエクスポートデータが既にあることとします。

WindowsServer2019の構築はこちら。
WindowsServer2019インストール手順について

Hyper-Vの構築はこちら。
Hyper-V環境をWindowsServer2019で構築する方法

Hyper-Vホストへ仮想マシンをインポートする方法

インポート対象の仮想マシンデータ

用意したインポート対象となるエクスポートした仮想マシンのデータ。(サイズは11GBほど)
インポートする仮想マシンプロパティ

エクスポートした仮想マシンフォルダ内を覗くと「Snapshots」「Virtual Hard Disk」「Virtual Machines」の3フォルダが存在。
仮想マシンを起動した状態でエクスポートしたため、正常にリストア出来るかちょっと不安・・・。
インポートする仮想マシンフォルダ

Hyper-Vホストへ仮想マシンインポート手順

Hyper-Vホストへ仮想マシンデータをインポートします。Hyper-Vマネージャーを起動し、「仮想マシンのインポート」をクリックします。
Hyper-Vマネージャー 仮想マシンインポート

そのまま「次へ」。
(必要に応じて「今後、このメッセージを表示しない」にチェック)
仮想マシンインポートする前に

インポートしたい仮想マシンのデータが格納されているフォルダを選択。
(ここでは「C:\Users\Administrator\Desktop\Win2019」)
仮想マシンインポート フォルダの検索

インポート対象の仮想マシンが選択されていることを確認し、「次へ」。
仮想マシンインポート 仮想マシンの選択

インポートの種類を選択します。移行なのか、復元なのか、新規で作成するのか、で選択肢が異なります。
今回は「仮想マシンをコピーする」で進めます。必要に応じて選択してください。
仮想マシンインポート 仮想マシンをコピーする

必要に応じて、仮想マシンを構成するファイルの保存する場所を指定します。今回はそのまま「次へ」。
仮想マシンインポート 仮想マシンのファイルを保存する場所

仮想ハードディスクを保存するフォルダを選択します。必要に応じて変更してください。
仮想ハードディスクを保存するフォルダを選択

仮想マシンインポート内容を確認し、問題なければ「完了」をクリックします。
仮想マシンインポートウィザードの完了

仮想マシンのインポートが始まるので完了まで待ちます。

Point
インポートデータ11GBくらいで3分くらいかかりました。
仮想マシンインポート処理開始

状態が「保存完了」となれば仮想マシンのインポートは完了です。
仮想マシンインポートの完了

インポート完了後に仮想マシンが正常に起動することを確認します。
起動した仮想マシンでブラウジング

OS起動した状態でエクスポートしたので、正常にインポート出来るか不安だったのですが、問題なく復元されました。VMwareほど注目されないけど、Hyper-Vもなかなか優秀。

MEMO
Hyper-Vで構築した仮想マシンのエクスポートデータであれば、仮想マシンが稼働した状態であってもインポート出来ることが分かりました。(停止した方が確実でしょうけど)

Hyper-Vホストへ仮想マシンをインポートすることが出来ました。
普段から扱い慣れてるVMwareのESXiと違って、Hyper-Vは少し新鮮な感じがしました。

ithinkit

Hyper-Vで仮想マシンインポートする時の参考に。

以上、あいしんくいっとでした( ..)φメモメモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)