クリスマス目前!商品レビューまとめ記事

リモートデスクトップ接続時にNLAエラーとなる場合の対処方法

本記事対象
「ネットワークレベル認証(NLA)が必要です」でリモートデスクトップ接続出来なくてお困りの方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

WindowsサーバーでWindowsUpdateを実行したら、リモートデスクトップ接続の際に以下のエラーが出力されるようになりました。

「接続しようとしているリモートコンピューターには、ネットワークレベル認証(NLA)が必要ですが、お使いのWindowsのドメインコントローラーに接続してNLAを実行することができません。リモートコンピューターの管理者であれば、[システムのプロパティ]ダイアログボックスの[リモート]タブにあるオプションを使用して、NLAを無効にできます。」

ithinkit

うーむ。困った困った。

前にあった関数エラーでリモートデスクトップ接続出来ない事象に似ているような。。
Windowsで「要求された関数はサポートされていません」でリモートデスクトップ接続出来ない時の暫定対応!

さて。どう対処すれば良いのでしょうか。

NLA(ネットワークレベル認証)とは?

NLA とは、Windows Vista、Windows Server 2008 以降で実装された認証処理で、サーバーがユーザーとのセッションを確立する前に、認証に使用するユーザーの資格情報を提示するよう、接続元に強制させる動作らしいです。

詳しくはこちら。
Windows Server 2012 R2 以前と Windows Server 2016 の NLA 無効化の手順の違いについて
参考 Windows Server 2012 R2 以前と Windows Server 2016 の NLA 無効化の手順の違いについてblogs.technet.microsoft.com

NLA無効化の手順

リモートデスクトップ接続出来ないのは困るのでNLAを無効化します。
設定は簡単。
システムプロパティのリモートタブを開き、「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する(推奨)」のチェックを外します。

これでNLAが無効になり、リモートデスクトップ接続出来るようになります。


あくまで今回の方法は暫定措置になります。
以前書いた脆弱性対応と同様にサーバとクライアント、それぞれ最新までWindowsUpdateを適用するのが最適解です。
Windowsで「要求された関数はサポートされていません」でリモートデスクトップ接続出来ない時の暫定対応!

とは言え、安易にWindowsUpdateがあてられないことも多いため、「ネットワークレベル認証(NLA)が必要です〜」が出たら、ネットワーク認証のチェック外すってことで。

ithinkit

セキュリティレベル下がるので注意して!

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)