iPhoneがWiFiに繋がらない時に試したい4つの事。

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

子供のiPhoneがWiFiにうまく繋がらない、という事象が発生しました。
そのせいで、パケットが1GB制限を軽〜く限界突破し、追加料金が発生するという最悪の事態に・・・。

それにしても、「インターネット未接続」って一体ナゼ?

ちなみに私と妻のiPhoneは繋がるのですが、これは一体!?

WiFiオン/オフ

コントロールパネルからWiFiオン/オフ、

もしくは設定からWiFiオン/オフを試してみて下さい。

これで直れば儲けもの。

WiFi接続再作成

「設定」-「WiFi」で接続したいSSIDをタップし、「このネットワーク接続を削除」をタップします。
ちなみにネットワーク接続を削除しても問題はありません、再作成すれば良いだけなので。

削除後、WiFi接続を再作成します。
これで直るかな〜?

iPhone再起動

困った時の一番の対処法である、iPhone再起動。まぁ、ある意味 “伝家の宝刀” みたいな感じですけど。

iPhone再起動して治らなかった時の絶望感はハンパねぇー。
ねぇ?これで直って。
ねぇ、お願い!

IPアドレスを静的に設定

今回、私はこれで直りました。
家庭用のルーターは大抵DHCPでiPodアドレスが自動で割り当てられてるのですが、その自動で割り当てられるIPアドレスを手動で設定する方法になります。

手動で設定するのに必要な情報は以下の通り。

  • IPアドレス
  • サブネットマスク
  • デフォルトゲートウェイ
  • DNSサーバ
分からなければ、家族誰かのiPhone設定見れば一発で分かると思います。

DNSも手動で設定。Googleが提供する「8.8.8.8」とかも設定可能。

IPアドレスを静的に設定する場合、DHCPで割り当てるIPアドレスからは除外してください。IPアドレスが競合してネットワークに接続出来なくなってしまいます。

最初にネットワーク設定見た時、変なIPアドレスが割り振られてることに気づいていれば、もっと早く解決出来たのかも知れない。
でも、気付けなかった・・・。

ithinkit
自宅でiPhoneがWiFiに繋がらない時の参考に。

以上、あいしんくいっとでした( ´ ▽ ` )

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

少しでも人の役に立つ記事書くことをモットーにブログ運営しています。
しょうもない記事も多いけど、たまには役立つことが書けると良いかなー。
気軽に楽しんでいってください。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly