vCenter Server 6.0のアンインストール手順について

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

諸事情あってvCenterServer6.0の再インストールを行うことになり、vCenterServer6.0のアンインストールをしました。
備忘も兼ねてアンインストール手順を書いておきたいと思います。
なお、vCenterはvCSA(仮想アプライアンス)ではなく、WindowsServerに導入したものとなります。

vCenter Server 6.0のアンインストール手順

MEMO
前提として、ESXiホストの登録解除が必要となります。
vSphereClientもしくは、HostClientで直接接続してvCenterの管理から外しておいてください。

vCenterServerの削除は「プログラムの追加と削除」から実施します。

VSSの削除も同時に行う必要があるため、インストール時に指定したパスワードを入力。
「組み込みのvPostgresデータベース~」にチェックを入れて「削除」を押下。

アンインストール処理が始まるので終わるまで待つ。

「正常にアンインストールされました」が表示されることを確認。
以上でvCenterサービスのアンインストールは完了。

アンインストール後はサーバ再起動が必要

削除後、vCenter再インストールを行う場合はサーバ再起動が必要。
でないと、インストール時に以下のポップアップが出力される。

vCenterServerをインストールすることはあっても、アンインストールすることはなかなかないので手順を書いておきました。
特にハマることもなく、すんなりとアンインストールすることが出来ました。
ご参考まで。

以上、あいしんくいっとでした_φ( ̄ー ̄ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)