ESXiで仮想マシン起動時に「仮想 Intel VT-x/EPT を使わずに続行しますか? 」って聞かれた場合の対応

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ESXi上に構築した仮想マシンを起動しようとすると、たまに聞かれるこのフレーズ。
いわゆる「仮想アプライアンス」を起動しようとした時に聞かれることが多いような。。。
a6dc7c3e-53a4-4a11-81a1-16c869518bdb
「質問への回答」をクリックし、進めると以下のメッセージが出力されて仮想マシンの起動処理が止まってしまう。。。

「Virtualized Intel VT-x/EPT is incompatible with this virtual machine configuration.
仮想 Intel VT-x/EPT を使わずに続行しますか?」

a049dee8-46b2-40ab-8fda-10f9d69800f1

 
質問に「はい」と答えれば、何事もなかったかのように仮想マシンが起動するのですが、起動の度に毎回答えるってのも面倒なんですよね。

そんな時は対象仮想マシンの「*.vmx」ファイルに下記の1行を追記します。

vhv.enable = “FALSE”

 

ESXiで仮想マシン起動時に「仮想 Intel VT-x/EPT を使わずに続行しますか? 」って聞かれた場合の対応

vmxファイルに追記

ESXiを選択し、[構成] – [ストレージ] とクリックし、仮想マシンが格納されているフォルダ内の「*.vmx」に以下を追記します。
なお、直接書き込みは出来ないので対象の「*.vmx」ファイルをダウンロードし、
18033f52-e81d-4690-9d5e-5b207fe2db39

 

ローカルのテキストエディタなんかで追記して下さい。

~略~
cleanShutdown = “TRUE”
softPowerOff = “TRUE”
tools.syncTime = “FALSE”
uuid.location = “56 4d d2 99 50 88 f7 5b-d1 04 98 a2 8d 51 bf b2”
vhv.enable = “FALSE” ←追記

 

修正したファイルを再びアップロードすれば完了。
05b9b4a4-9214-4c50-845f-ea52f4659ef8
これで「質問への回答」を求められることなく、ノンストレスで仮想マシン起動が捗ること間違いなし♪
使う機会があるか、無いかは別として覚えておくと良いかも。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)