商品レビューまとめ記事

Macのスクリーンショットをグーグルフォトへ直接アップロードする方法

本記事対象
Macで撮ったスクリーンショットをグーグルフォトへアップロードする方法が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

Macで取得したスクリーンショットはデフォルトだとデスクトップに保存されます。
なので、これまでは「デスクトップに保存されたスクリーンショットをアップロードフォルダへ移動する」といった作業をしていました。

ですが、最近になって「スクリーンショットの保存場所が変更可能」であることを知り、

ithinkit

スクリーンショットの保存場所をグーグルフォトのアップロードフォルダに変更すれば、直接アップロード出来るんじゃね?

ってことに気付き、スクリーンショットの保存場所をグーグルフォトのアップロードフォルダに変更したところ、スクリーンショットを自動でグーグルフォトへアップロードすることに成功しました!

グーグルフォトのアップロードフォルダを設定

グーグルフォトのアップロードフォルダをデスクトップのフォルダへ変更します。
(アップロードフォルダはどこでも構いません)
画面上部のグーグルフォトアイコンを右クリックし、「設定」をクリックします。
グーグルフォトの設定

「フォルダを選択」をクリックし、アップロードさせたいフォルダをチェックします。
設定-バックアップと同期こデスクトップ上の「GooglePhotosUpload」フォルダを選択しました。

Macのスクリーンショット保存先を変更

スクリーンショットの保存先をグーグルフォトのアップロードフォルダ(デスクトップ上の「GooglePhotosUpload」フォルダ)に変更します。
[移動] – [ユーティリティ]と選択し、
移動-ユーティリティ

「ターミナル.app」をクリックし、ターミナルを起動します。
ターミナル

ターミナルから以下のコマンドを実行します。

実行コマンド
$ defaults write com.apple.screencapture location <グーグルフォトアップロードフォルダパス>
$ killall SystemUIServer
コマンド実行例)
MacBook-Pro:~ $ defaults write com.apple.screencapture location /Users/hoge/Documents/GooglePhostsUpload/
MacBook-Pro:~ $ killall SystemUIServer

スクリーンショットの保存先をデフォルトの場所に戻す場合は以下のコマンド

コマンド
$ defaults delete com.apple.screencapture location
注意
一般ユーザでコマンド実行します

グーグルフォトへ自動でアップロードされることを確認

スクリーンショットがグーグルフォトへ自動アップロードされることを確認します。

Macでスクリーンショットを取得し、
スクリーンショットを取得
取得したスクリーンショットがグーグルフォトへアップロードされることを確認。
取得したスクリーンショットがグーグルフォトへアップロードされた


スクリーンショットの保存先をグーグルフォトのアップロードフォルダへ変更することで、取得したスクリーンショットがグーグルフォトへ直接アップロードされるようになりました。ブログ等でスクリーンショットをグーグルフォトへアップロードして利用する方であれば、作業が捗ること間違いなし!

ithinkit

ぜひ、覚えておきましょう!

以上、あいしんくいっとでした( ・∇・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)