ニンテンドースイッチの見守り設定で強制シャットダウン!子供のゲームやり過ぎを防いでみた!

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

子供は注意しなければゲームをやり続けるものです。
まぁ、私も過去そうだったのでw

では、どうすれば防げるのでしょうか。
そんな時、ニンテンドースイッチには「みまもり設定」という心強い機能があります。

この「みまもり設定」を利用することでゲームのプレイ時間を制限することが出来ます。
では、実際に使ってみたいと思います。

みまもり設定を利用するには「ニンテンドーアカウント」が必要になりますので事前に用意しておいてください。

ゲームのプレイ時間を制限してみる

みまもり設定の使い方については省略しますが、我が家ではこんな感じで制限しています。

上の画像を見ると、土曜日だけ0分になっていると思います。
これは”ある約束事”が破られたために罰として設定したものです。
ちなみに「ソフトを中断する」のオプションも設定しているため、土曜日はスイッチの起動すら出来ない想定です。

それでは、上記設定した時の挙動を確認してみることにします。

みまもり設定でスイッチを起動させない

時にはスイッチの起動すらさせなくする必要があるんですよ、親としてはね。
では、みていきましょう。

まず、ニンテンドースイッチを起動してみましょう。
お、いつもは残り時間が表示されているのに起動した直後から「時間切れ」になっている!

Aボタンを押して「つづける」を選択してみると、

ほう。プレイすら出来なくなっている。
想定通りの動きだ。

電源ぶちぎられる前にメッセージ出るので従うように。

ちなみに「みまもり設定をOFFにする」を選択したとしても、みまもり設定の暗証番号を知ってないとどうにも出来ない。

ふむ。これで子供にキチンとした罰を与えることが出来そう。
昔なら「本体ごと隠したり」といったアナログな方法をとる必要があったが、それも今は昔の話になったとさ。
それにしても、スイッチ便利過ぎですな〜♪

ちなみに管理者は自由に再設定可能なので、“起動出来なくなる可能性は無い”のでご安心を。

最後に注意点

最後にひとつ注意点。
みまもり設定は便利な機能なのですが、アカウントごとに制御が出来ません。

その点を頭に入れた上で設定しないと自分も被害を受けます。。。

このあたりを改善してもらえると非常にありがたいのですが、どうでしょうか任天堂さん?

・・・

ithinkit
子供のスイッチのやり過ぎを防ぐなら、みまもり設定は必須ってことで。

以上、あいしんくいっとでした( ´∀`)

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

少しでも人の役に立つ記事書くことをモットーにブログ運営しています。
しょうもない記事も多いけど、たまには役立つことが書けると良いかなー。
気軽に楽しんでいってください。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly