あいしんくいっとオススメ商品レビュー

Macのシステム温度をistatsコマンドで確認する方法

動画見ている時のシステム温度
本記事対象
MacBookProのシステム温度をistatsコマンドで確認する方法が知りたい方

ithinkit

MacBookProが熱い!温度が知りたい。

YouTubeで動画を見ていて、気が付けばMacBookProが熱々の状態になっていることもしばしば。
そのうちFANも唸り出し、膝に置いてると“MacBookProの熱”を直に感じることが出来る・・・。

ithinkit

キャンプ動画は無限に見てられるのだw
youtubeキャンプ動画

ただ、MacBookProがメチャメチャ熱くなると壊れないか不安になってきます。システム温度はどのくらいなのか?ってね。

調べてみたところ、Macは「istats」というコマンドで温度計測が出来るみたいなので試してみることにします。

istatsインストール

istatsコマンドをインストールします。デフォルトだと用意されてないのは残念。

istatsインストール
sudo gem install iStats -n /usr/local/bin
istatsインストール
サクッとistatsがインストール出来ました。

Point
「iStats」の綴りは一つ目のSが大文字じゃないとエラーになるので注意。
istatsインストール失敗

istats実行結果

動画見てない時のシステム温度

YouTubeで動画見てない通常時のistats結果。CPU温度は47度ほど。
平常時のシステム温度

動画見てる時のシステム温度

YouTubeで動画見て発熱してるMacBookProのistats結果。やはりCPU温度も上がっている!
動画を見れば見るほど右肩上がりにシステム温度は上昇していく。
動画見ている時のシステム温度
動画見てるとCPU温度は上がる。平常時よりも15℃ほど高い。

「scan」オプションでさまざまな温度確認

「scan」オプションを付与することで様々な温度を確認することが可能。
istatsにscanオプション付与した結果

istats定期実行

topコマンドみたいに定期実行させるオプションを調べたが、無さそうなのでwheelとかで定期実行すると良いかも。

wheelでistatsコマンド定期実行
while sleep 3;do clear;istats;done
istats定期実行

OS標準コマンド「powermetrics」でも確認可能

istatsをインストールしなくても、OS標準コマンド「powermetrics」でシステム温度を確認することは可能。

powermetricsコマンド
# powermetrics | grep -i "CPU die temperature"
unable to get backlight node
CPU die temperature: 37.80 C
CPU die temperature: 37.79 C
CPU die temperature: 37.61 C
CPU die temperature: 37.34 C
CPU die temperature: 37.21 C

ただ、istatsに比べるとpowermetrics実行結果の見映えは良くない。


Macでシステム温度を確認したい場合はistatsがオススメです!

ithinkit

覚えておきましょう!

以上、あいしんくいっとでした。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)