あいしんくいっとオススメ商品レビュー

RHEL8のネットワーク再起動方法。networkサービスは存在しない

本記事対象
RHEL8におけるネットワーク再起動方法が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

networkサービス再起動出来ない。

RHEL8でIPアドレス変更の設定反映のためにnetworkサービス再起動しようとしたのですが、「Unit network.service not found.」と表示され再起動出来ず・・・。というか、networkサービス自体が無いみたい。

networkサービス再起動

# systemctl restart network
Failed to restart network.service: Unit network.service not found.

ithinkit

え、networkサービスって無くなったの?

nmcliコマンドでインターフェース再起動

調べてみたところ、RHEL8だとnmcliコマンドでNICインターフェースを指定して再起動する必要がある模様。

インターフェースを確認して、

nmcliでデバイス状態確認

# nmcli device
DEVICE TYPE STATE CONNECTION
ens192 ethernet 接続済み ens192
ens224 ethernet 接続済み ens224
virbr0 bridge 接続済み virbr0
lo loopback 管理無し --
virbr0-nic tun 管理無し --

nmcliで対象のNICインターフェースを指定して再起動。「up」指定で再起動される模様。

nmcliでNW再起動

nmcli con up <NICデバイス>
nmcliでNW再起動実行例

# nmcli con up ens192
接続が正常にアクティベートされました (D-Bus アクティブパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/5)

NICが複数ある場合は面倒だな、という印象・・・。

nmcliを用いた複数NW再起動

# nmcli con up ens192
接続が正常にアクティベートされました (D-Bus アクティブパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/6)
# nmcli con up ens224
接続が正常にアクティベートされました (D-Bus アクティブパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/7)

nmtuiコマンドで再起動がオススメ

CLIでGUIチックな画面でネットワーク設定が可能なnmtuiコマンド。
CentOS7のIPアドレスを変更する手順について(恒久的/一時的)

nmtuiコマンドでもNW再起動して設定を反映させることが出来ます。IPアドレスの設定から再起動まで行えるのでnmtuiはとても便利。

注意

nmtuiコマンドでネットワーク再起動ではなく起動・停止しているだけなので、アクティブなセッションを解除してしまうとネットワーク接続が切れてしまいます。nmtuiを使う場合はコンソール接続で行うことをオススメします。

nmtuiで「設定をアクティベート」を選択します。
設定をアクティベート

再起動したいNICを選択し、「解除」をクリックします。
解除

そして、「アクティベート」をクリックすることでNW再起動が完了します。
アクティベート

NetworkManager再起動では反映されない

「NetworkManager.service」でネットワーク再起動出来るかな~と試してみたけどネットワーク設定は反映されなかった・・・。

NetworkManagerでNW再起動

# systemctl restart NetworkManager.service

RHEL8以降でネットワーク再起動する場合はnmcliコマンドを使う必要がある、ということで。

ithinkit

networkサービスカムバック!って無理かw

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)