あいしんくいっとオススメ商品レビュー

ショートムービー作成のおすすめ!FlexClipを使ってみた感想

ビジネスプランで透かし文字
本記事対象
ショートムービーを手軽に作ってみたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ショートムービーを簡単に作れる「flexclip」の存在を知りました。

Point
本記事はPearlMountain Limited様のレビュー依頼を受けて書いています。

Web上で簡単にショートムービーを作れるFlexClip、コレは試してみるしかないと思いました。

ithinkit

インストール不要なのが最高!

実際にFlexClipで作ってみたショートムービーがこちら。


ithinkit

YouTubeのエンドロールに使えそう。

では、FlexClipを使ったショートムービー作成方法や感想について書いておきたいと思います。

FlexClipを使ってショートムービーを作ってみた感想

FlexClipでショートムービーを作ってみる

Point
作成したショートムービーをエクスポートするにはアカウント登録が必要。登録にはメールアドレスが必要になるので事前に準備しておいてください。

FlexClipのサイトへアクセスします。
FlexClip
参考 FlexClip公式サイトflexclip

注意
パソコン版のChromeブラウザで開く必要があります。スマホ版のChromeやIEだと正常に動作しないので注意!

「はじめに-無料」をクリック。
FlexClip はじめに無料

「新規プロジェクトを作成」をクリック。
新規プロジェクト

あとは左メニューから適当なテンプレートを選択し、組み合わせてショートムービーを作成します。
ショートムービー作成の流れとしては、

STEP.1
テキストやイントロ作成
STEP.2
アイコンを装飾
STEP.3
音楽をつける
STEP.4
必要に応じて透かし文字
STEP.5
作成したショートムービーをエクスポート(ダウンロード)

といった感じ。FlexClipだと上記作業すべてをブラウザ上で完結させることが出来ます。
直感的なUIなので触っているうちに何となく操作が分かってくるはず(笑)
テキスト挿入画面

ショートムービーに使う音楽は素材を使ったり、
音楽挿入画面

自分で用意した音楽をあわせることも可能。
自分で用意した音楽選択画面

上位のビジネスプランだと、透かし文字入れたりも出来る。
ビジネスプランで透かし文字

自分のプロジェクトとしてムービーを管理することが可能。
自分のプロジェクト

個人的にはYouTubeにアップする動画のエンドロールを作るのに適しているように感じました。
編集した動画とFlexClipで作成したショートムービーをくっつけたり。
動画を連結

作成完了したムービーをエクスポート。
作成動画をエクスポート

エクスポートが完了するまで待ちます。(30秒の動画で4分ほどかかります)
動画エクスポート中

作成したムービーはmp4形式のファイルとしてダウンロードできます。
エクスポートした動画

実際に作成した動画と組み合わせてみたのがこちら。やはりエンドロールには最適!


FlexClip無償版と有償版の違い

FlexClipは登録さえしてしまえば、基本的な操作は無料で利用することが出来ますが、無料版と有料版で使える機能には差があります。ムービーの長さだったり、画質といったところが主な違い。最上位のビジネスプランだと最長30分のムービーを作成出来たりします。
有償版で使える機能

クーポンコード適用方法

クーポンコードを適用する機会があったので手順を残しておきます。以下の方法でクーポン適用が可能。

画面左上アカウント横のプルダウンを選択して「アップグレード」ボタンをクリック。
アップグレード

プラン選択画面が表示されたら、手持ちプランの「Select」をクリックします。
有償プラン選択画面

「Have a Coupon?」をクリックし、手持ちのクーポンコードを入力します。
クーポンコード入力ボタン

手持ちのクーポンコードを入力します。
クーポンコード入力

「You’ve successfully redeemed coupon code!」と表示されたら「Pay Now」をクリック。
クーポンコード適用画面

これでクーポンコード適用は完了です。「Get Started」をクリックして利用開始しましょう。
クーポンコード入力後のスタート画面

FlexClipを使ってみて感じたこと

最後にFlexClipを使ってみて感じた良かったこと、悪かったことをザクッと挙げておきます。

メリット
  1. インストールせずカジュアルに使える
  2. マニュアル不要でショートムービーが作れる
  3. Webブラウザ上で完結出来る
デメリット
  1. カジュアルゆえに細かなカスタマイズが出来ない
  2. テンプレートの組み合わせなので被りそう
  3. オフライン環境だと利用出来ない
  4. ショートムービーに限られる

FlexClipを使ってみた感想として、動画用のエンドロールが簡単に作れて、自作動画に追加して動画を完成させることが出来るツールであると感じました。
無料で使えるのでとりあえず触ってみても良いかも。
FlexClip
参考 FlexClip公式サイトflexclip

ithinkit

ショートムービーが驚くほど簡単に作れるので、動画にエンドロールを足したいライトユーザーにおすすめです!

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)