商品レビューまとめ記事

仮想マシンハードウェアバージョンをダウングレード/アップグレードする方法

本記事対象者
仮想ハードウェアバージョンのダウングレード、アップグレードについて知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

VMwareで仮想マシンを扱う際、何気に重要なのが「仮想ハードウェアバージョン」というパラメータ。
vSphereClientから確認すると「仮想マシンのバージョン」と表記されています。
ゲストOSがWindows
仮想マシンのバージョン
ゲストOSがLinux(CentOS)
VMバージョン

WebClientから確認すると「VMバージョン」と表記されています。
VMバージョン
この仮想ハードウェアバージョンが何気に重要だったりするのでシチュエーションに合わせてアップグレードしたり、ダウングレードする必要があったりします。
今回はこの仮想マシンの仮想ハードウェアバージョンの変更(アップグレード/ダウングレード)について書いておきたいと思います。

ESXiホストのバージョンダウンはこちら。
ESXiをバージョンダウンする2つの方法

仮想マシンの仮想HWバージョンを変更する方法について

仮想HWバージョンとは?

仮想HWバージョンには以下の注意点があります。

仮想HWバージョンにおける注意点

  • 新しい仮想ハードウェアの仮想マシンの場合、古いESXiホストではパワーオンすることが出来ない
  • 仮想ハードウェアがサポートされない場合、vMotion出来ない

仮想マシンハードウェアバージョンのリスト
引用元 ESXi/ESX ホストおよび互換性のある仮想マシンのハードウェア バージョンのリスト

何気に仮想マシンハードウェアバージョンは重要だったりするんですね。

仮想マシンハードェアバージョンのアップグレード

仮想マシンハードェアバージョンのアップグレードする方法は色々あるのですが、一番簡単なのは以下の方法でしょうか。

注意
仮想マシンが起動しなくなるリスクが考えられるので、念のためにバックアップ推奨
仮想マシンが停止した状態で右クリックすると、「仮想ハードウェアのアップグレード」という項目があるので、クリックします。
仮想ハードウェアのアップグレード」
仮想マシンアップグレードの確認というポップアップが表示され、長々と注意書きが表示されますが、問題なければ「はい」をクリック。
仮想マシンアップグレードの確認
以上で仮想マシンのハードウェアバージョンはアップグレードされます。

仮想マシンハードウェアバージョンのダウングレード

仮想マシンハードウェアバージョンを新しくするのは良いのですが、ゲストOSが古すぎると最悪の場合は仮想マシンが起動しないケースがあります。
そんな時は以下の方法で仮想マシンハードウェアバージョンのダウングレードをしてやると良いと思います。
仮想マシンのバージョン11
仮想マシンのデータストアから「<仮想マシン名>.vmx」ファイルをダウンロード。
vmxファイルダウンロード
ダウンロードした仮想マシンのvmxファイルをエディタで開いて、「virtualHW.version」の値を変更したいバージョンの値に変更します。
今回は「11 → 9」に変更します。
vmxファイル編集
vmxファイルの編集が完了したら、データストアにアップロードし、仮想マシンが起動すれば設定は完了です。
仮想マシンのバージョン9


仮想マシンハードウェアバージョンをアップグレードするのは簡単なのですが、ダウングレードする場合は仮想マシン構成ファイル(.vmx)を弄る必要があるので意外と面倒です。なので、容易にアップグレードするのは避けるべきです。

ithinkit

ハードウェアバージョンを上げる際は慎重に。

以上、あいしんくいっとでした( ..)φメモメモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)