あいしんくいっとオススメ商品レビュー

ESXi6.7から7へアップデートする方法。注意点も含めて

本記事対象
ESXi6.7から7へアップデートする方法が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

ESXi6.7から7へアップデートしたい。

ESXi6.7から7へアップデートする手順について書いておきたいと思います。

ESXi6.7から7へのアップデート方法

ESXi6.7から7へアップデート事前準備

以下、ESXiアップデート前の事前準備。

  • 仮想ホスト上の仮想マシンは全て停止していること
  • depot.zip(アップデートバンドル)がデータストアへアップしてあること

depot.zipがデータストアにあること

今回のアップデートはCLIでesxcliコマンドを使って行います。

MEMO
万が一のことを考え、ESXiの構成バックアップを取っておくことをおすすめします。
ESXi単体でバックアップ・リストア(vSphereCLIを使わずに)する方法

ESXi6.7から7へのアップデート手順

ESXiのアップデート手順の流れは以下の通り。
事前準備をのぞけば、ESXiアップデートはコマンド数行で終わります。

STEP.1
メンテナンスモードへ変更
esxcli system maintenanceMode set –enable=true
STEP.2
プロファイル確認
esxcli software sources profile list -d <アップデートモジュールパス>
STEP.3
アップデート
esxcli software profile update -d <アップデートモジュールパス> -p <プロファイル名>
STEP.4
メンテナンスモード解除
esxcli system maintenanceMode set —enable=false

では、詳細な手順を見ていきます。
事前にアップデート前のESXiバージョンを確認しておきます。

ESXiバージョン確認
vmware -l
vmware -v
ESXiバージョン確認

ESXiをメンテナンスモードにし、メンテナンスモードに変更されたことを確認します。

メンテナンスモードに変更
esxcli system maintenanceMode set --enable=true
esxcli system maintenanceMode get
メンテナンスモード有効化

メンテナンスモードに変更されたかどうかはHostClientでも確認可能。
HostClientからメンテナンスモードであることを確認

データストア上に配置したアップデート用ファイル内のプロファイルを確認。「-standard」付きのプロファイルを適用します。

プロファイル確認
esxcli software sources profile list -d /vmfs/volumes/SSD-DataStore2/VMware-ESXi-7.0.0-15843807-depot.zip
アップデート用ファイル内のプロファイルを確認

準備が整ったら、ESXiアップデートコマンドを実行します。(大体5分くらいで終わるはず)

ESXiアップデート
esxcli software profile update -d /vmfs/volumes/SSD-DataStore2/VMware-ESXi-7.0.0-15843807-depot.zip -p ESXi-7.0.0-15843807-standard

依存関係のエラーが出たため、画像では強制適用オプション「-f」を付与。
ESXiアップデート時の様子

アップデート時の標準出力に「update completed successfully」という文字列を含む行があることを確認し、ESXi再起動。

ESXiリブート
reboot

ESXiが7.0へアップデートされたことを確認します。
アップデート後のESXiバージョンを確認します。

ESXiバージョン確認
vmware -l
vmware -v

メンテナンスモードを解除します。

メンテナンスモード解除
esxcli system maintenanceMode set —-enable=false
esxcli system maintenanceMode get

これでESXi6.7から7へのアップデートは完了です。

ESXi6.7から7へのアップデート時の注意点

ESXi6.7から7へのアップデートで引っかかったことを書いておきます。

モジュールの依存関係でエラーとなった

モジュールの依存関係でエラーとなる時があります。

モジュール依存関係エラー
[root@ithinkitnet:~] esxcli software profile update -d /vmfs/volumes/SSD-DataStore2/VMware-ESXi-7.0.0-15843807-depot.zip -p ESXi-7.0.0-15843807-standard
[DependencyError]
VIB VFrontDe_bootbank_sata-xahci_1.39-1 requires sata-ahci, but the requirement cannot be satisfied within the ImageProfile.
Please refer to the log file for more details.
[root@ithinkitnet:~]

「-f」オプションを付与することによって依存関係を無視してアップデートすることが出来ます。
今回はプライベートな環境なので気にせず強制アップデートしてみました。

注意
最悪起動しなくなる可能性も考えられます。危険なので自己責任で!
依存関係を無視したアップデート
esxcli software profile update -d /vmfs/volumes/SSD-DataStore2/VMware-ESXi-7.0.0-15843807-depot.zip -p ESXi-7.0.0-15843807-standard -f

ESXiの無償ライセンスが無くなった

ESXi6.7から7にアップデートすると、無償ライセンスが無くなりました。

MyVMwareで無償ライセンスを発行して対応しました。

60日経つとライセンス認証出来なくなるので、忘れずにライセンス登録しておきましょう!
ESXi再ライセンス認証の流れ。有効期限が切れたら見てほしい


ESXi6.7から7へのアップデートが出来ました。
アップデート手順はこれまでと変わりないですが、依存関係でエラーが出た場合は慎重に対応する必要があるかと。

アップデートに失敗する場合はこちらも参考に。
ESXi6.5から6.7へアップデート失敗!その理由とは?

アップデート後の起動に失敗したらバージョンダウンも試してみると良いかも。
ESXiをバージョンダウンする2つの方法

ithinkit

ESXi6.7から7へアップデート時の参考に!

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)