商品レビューまとめ記事

ESXi6でSSH接続を有効にする方法。esxcliやvim-cmdコマンド、DCUIも使えて便利

本記事対象
ESXi6でSSH接続を有効にする方法について知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

WebClientやvSphereClientといったGUIツールを利用することで、ESXiの管理は出来るのですが、SSH接続も出来たほうが運用が楽です。
esxcliやvmi-cmdといったCLIコマンドが使えるので、スクリプトを利用した管理なんかも簡単に行えます。

というわけで、ESXi6でSSH接続を有効にする手順について書いておきたいと思います。

ESXi6でSSH接続を有効にする

ESXi6のGUIコンソール(DCUI)より設定を行います。
コンソール上で「F2」ボタンを押下します。認証を求められるので、任意のパスワードを応答します。
認証ポップアップ
システム変更の画面が表示されたら、「Troubleshooting Options」を選択します。
Troubleshooting Options
「Disable SSH」を選択してEnterボタンを押下します。
画面右側の「SSH is Disabled」から「SSH is Enabled」に変更されることを確認します。
トラブルシューティングモードオプション画面
これでESXiへSSH接続が有効な状態となりました。

ESXi6へSSH接続確認

では、SSH接続出来るかどうか、実際に接続して確認します。

  • 確認には「TeraTerm」を使用

TeraTermを起動したら、「ユーザ名」を入力し、「チャレンジレスポンス認証を使う(キーボードインタラクティブ)」にチェックを入れます。
(普通にパスフレーズを入力してログインしようとすると認証エラーになります)
SSH認証画面

SSH認証チャレンジ画面が出力されるので任意のパスワードを入力します。
SSH認証チャレンジ
無事にSSH接続出来ることが確認出来ました。

SSH接続でDCUI(管理コンソール)

SSHで接続して「dcui」と入力すると、ESXiの管理コンソール設定を行うことが可能となります。
DCUI管理コンソール
ESXiホストと離れた場所で作業していて、コンソールで行うべき設定が必要になった場合には重宝しそうですね。
システム設定画面
画面を抜けるには「Ctrl + C」を押下します。

参考 Accessing Direct Console User Interface (DCUI) from an SSH session kb.vmware.com

ESXiへのSSH接続を有効にする上でハマるところはないと思いますが、「チャレンジレスポンス認証」を使わないといけない、というのは知っていないとハマるポイントなので覚えておきましょう。

ESXiのセキュリティを高めるなら公開鍵認証に変更するのがオススメ。
ESXi6.5へのSSH接続を公開鍵認証に変更する方法

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)