あいしんくいっとオススメ商品レビュー

macで時刻同期先(NTPサーバ)を変更する方法

日付と時刻
本記事対象
macの時刻同期先(NTPサーバ)を変更する方法が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

macのデフォルト時刻同期先は「Apple (time.apple.com.)」になっています。
macのデフォルト時刻同期先

Point
Windows 10 標準のNTPサーバーは「time.windows.com」

日本には時刻同期サーバとして「ntp.nict.jp」が用意されています。macの時刻同期先を「ntp.nict.jp」に変更する方法を書いておきたいと思います。

MEMO
sierra以前はntpdが入ってましたが、それ以降はセキュリティ上の理由によりtimedに変わっているらしい。

macで時刻同期先変更

[システム環境設定] – [日付と時刻] にて時刻同期先サーバを変更します。

「システム環境設定」をクリック。
システム環境設定

「日付と時刻」をクリック。
日付と時刻

画面下メニュー「変更するにはカギをクリックします。」を押してrootユーザーのパスワードを入力します。
日付と時刻の設定

時刻同期先を「ntp.nict.jp」に変更します。
時刻同期先入力

NTPサーバ変更完了後、「変更できないようにするにはカギをクリックします。」を押します。
設定できないよう鍵マークをクリック

これで時刻同期先が「ntp.nict.jp」に変更されました。
(画像だと「ntp.nict.co,jp」となっているが、「ntp.nict.jp」と入力すると自動で書き換わるため)
時刻同期先をNICTに設定


CLI(コマンド)でも変更できるか確認してみたのですが、それらしい手順は見当たりませんでした。大人しくGUIでポチポチ変えることをオススメします。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)