ESXi6.7のHostClientでOVA(OVF)インポートする方法

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

新調したPCでESXi6.7を利用したプライベートな仮想基盤を構築しました。

その際、旧環境からOVAエクスポート、インポートを利用して仮想マシンの移行を行いました。ESXiも6.7ともなると、HostClientでのインポート処理も洗練されていて、すごく快適行えるようになってました。

と言うわけで、ESXi6.7のHostClientを使ったOVAインポート手順についてサラッと書いておきたいと思います。

注)インポート対象となるOVAは既にある前提です

HostClientを使ったOVAインポート

では、OVAインポートしていきます。
ちなみに利用したブラウザはChromeです。

左メニュー「ホスト」を選択した状態で右クリック「仮想マシンの作成/登録」を押下します。

「OVFファイルまたはOVAファイルから仮想マシンをデプロイ」を選択して「次へ」。

任意の仮想マシン名を入力し、

インポート対象となるOVAファイルをドラッグ、もしくは選択して「次へ」。
(一度に選択出来るファイルは一つのみ)

インポート対象の仮想マシンを配置するデータストアを選択し「次へ」。

デプロイオプションとしてネットワーク、ディスクプロビジョニング、作成後に自動でパワーオンするかを選択します。
(「自動的にパワーオン」はデフォルトだとチェックが入っているため、外しておいたほうが無難)

サマリを確認し、問題なければ「完了」を押下。
これでOVAインポートが開始されます。

OVAインポートが完了するまで待って完了です。

目安として、仮想マシンのVMDKサイズが40GBのもので大体30分くらいかかりました。

ithinkit

HostClientを使ったOVFエクスポートの参考になれば。

以上、あいしんくいっとでした( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)