ServersMan@VPSを解約した理由。私はコレが辛かった!

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

「もう時代はCENTOS7でしょう」

ちょっと前になるのですが、三年近く契約していたDTIのServersMan@VPSを解約しました。
2年ほど利用していたのですが、解約を決めた理由について書いておきたいと思います。
ServersMan@VPSを選ぶ上で参考にしてもらえれば。

ServersMan@VPSを解約した理由

ワンコイン(500円)で1Gメモリ、2CPUというコスパ抜群なVPSだったのですが、CentOS7でパッケージアップデートしようとすると不具合が発生するという問題を抱えていました。

この点については以下のサイトでも言及されています。

中でも、php7でphp-fpmが動かないのは参った。

CentOS7でphp5.6からphp7にバージョンアップする方法を試してみた結果。

2016.05.01

ちなみにCentOS6だとphp7も問題なく使えるんですけど、CentOS6は2020年にサポートが切れるらしい。
そもそも、カーネルが古すぎるのも考えもの。


まぁ、CentOS7が全く使えないのではなく、特定の条件下だと厳しいといった状況ですね。。

仮想基盤プラットフォームとの相性が悪く、CentOS7がまともに使えない

yumによるパッケージアップデートがちゃんと使えないのは正直痛いです。
セキュリティ対策の観点からも、パッケージアップデートは大事ですから。

ただ、CentOS7以外のOS使うなら問題無いし、コストパフォーマンスには大変優れているので初心者の方にオススメなVPSには変わりないのですけどね。
しかしながら、こんな書き込み見ると、ね。。。


それにしても、ServersMan@VPSがopenvzという仮想基盤のプラットフォームを使っていて、その相性問題ともなると、これはもう将来的にも解消される見込みは薄いかなぁ、と。
だって、プラットフォーム変えるとか並大抵の事では無いですからねー。

そして、解約手続きが完了。

Dockerも動かないらしい

どうやら、Dockerも動かないみたいですね。
Dockerが使いたいなら、Serversman@VPSは選択肢から外した方が良いかも・・・。

今はSAKURAのVPS使ってますけど、本当に快適ですね。ちなみに本ブログもSAKURAのVPS上で快適に稼働しています。


つらつらと書きましたが、Serversman@VPSをディスるつもりは毛頭ありません。
ワンコインというのは非常に魅力的だし、サーバ 自体も安定稼働してたし、契約期間中は大したトラブルもなくお世話になりましたからね。それに使い方次第では、CentOS7も使えますし、ブログ初心者のファーストチョイスにはもってこいだとも思ってます。
ただ、私の要求を満たすことが出来なかったので解約したまで、です。

ithinkit
何はともあれ、ServersMan@VPS。
今までお世話になりました。

以上、あいしんくいっとでした( ̄∀ ̄)

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

少しでも人の役に立つ記事書くことをモットーにブログ運営しています。
しょうもない記事も多いけど、たまには役立つことが書けると良いかなー。
気軽に楽しんでいってください。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly