あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

仮想マシンハードウェアバージョンをダウングレード/アップグレードする方法について

time 2016/06/25

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

VMwareで仮想マシンを扱う際、何気に重要なのが「仮想ハードウェアバージョン」というパラメータ。
vSphereClientだと「仮想マシンのバージョン」と表記されている。
7b276574-14dc-4b3f-ad58-5519a716c77d

8680ec30-fa57-42b1-bdb2-3f97bc80a7c8

WebClientだと「VMバージョン」と表記されている。
8680ec30-fa57-42b1-bdb2-3f97bc80a7c9
今回はこの仮想マシンの仮想ハードウェアバージョンの変更(アップグレード/ダウングレード)について書いておきたいと思います。

sponsored link

仮想マシンの仮想HWバージョンを変更する方法について

仮想HWバージョンとは?

仮想HWバージョンには以下の注意点があります。

  • 新しい仮想ハードウェアの仮想マシンの場合、古いESXiホストではパワーオンすることが出来ない
  • 仮想ハードウェアがサポートされない場合、vMotion出来ない

cbbb7899-6375-4237-991f-433aa9174956
引用元 ESXi/ESX ホストおよび互換性のある仮想マシンのハードウェア バージョンのリスト

何気に仮想マシンハードウェアバージョンは重要だったりするんですね。

仮想マシンハードェアバージョンのアップグレード

色々な方法があるのですが、一番簡単なのは以下の方法でしょうか。

※ 仮想マシンが起動しなくなるリスクが考えられるのでバックアップしておいてください。

仮想マシンが停止した状態で右クリックすると、「仮想ハードウェアのアップグレード」という項目があるので、クリックします。
5447bbc8-7289-48b0-9047-d921deda0a1b
長々と注意書きが表示されますが、問題なければ「はい」をクリック。
00bf9fe7-ed04-48c3-9d3f-6262755b43b7
以上で仮想マシンのハードウェアバージョンはアップグレードされます。

仮想マシンハードウェアバージョンのダウングレード

仮想マシンハードウェアバージョンを新しくするのは良いのですが、ゲストOSが古すぎると最悪の場合は仮想マシンが起動しないケースがあります。
そんな時は以下の方法で仮想マシンハードウェアバージョンのダウングレードをしてやると良いと思います。
7b276574-14dc-4b3f-ad58-5519a716c77d
仮想マシンのデータストアから「~.vmx」ファイルをダウンロード。
ad1691dc-1db8-45e4-87df-40b99586c0fe
ダウンロードした仮想マシンのvmxファイルをエディタで開いて、「virtualHW.version」の値を変更したいバージョンの値に変更します。
今回は「11 → 9」に変更します。
8bf6f0c3-e4bb-4598-8904-4cdf286d7d34
vmxファイルの編集が完了したら、データストアにアップロードし、仮想マシンが起動すれば設定は完了です。
38fae2f6-6b08-47f4-b242-ec7b32f32250
いかがですか。
仮想マシンハードウェアバージョンを上げるのは簡単なのですが、戻す(下げる)のは意外と面倒です。
ハードウェアバージョンを上げる際は慎重に検証した上で行うと良いでしょう。

以上、あいしんくいっとでした( ..)φメモメモ

sponsored link

down

コメントする





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事

アーカイブ