クリスマス目前!商品レビューまとめ記事

Red Hat Enterprise Linuxでyumアップデート。サブスクリプションをアクティベートする方法

本記事対象
Red Hat Enterprise Linuxでサブスクリプションアクティベートする方法が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

Red Hat Enterprise Linuxでサブスクリプション登録してアクティベーションする方法をいつも忘れるのでメモメモ。

仕事柄、Red Hat Enterprise Linuxをよく利用するのですが、サブスクリプションのアクティベートする方法をよく忘れますw
Red Hat Enterprise Linuxの場合、サブスクリプションをアクティベートしないとyumでアップデート出来ません。

yumアップデート失敗
[root@rhel67 ~]#  yum check-update
読み込んだプラグイン:langpacks, product-id, search-disabled-repos, subscription-manager
This system is registered with an entitlement server, but is not receiving updates. You can use subscription-manager to assign subscriptions.
There are no enabled repos.
Run "yum repolist all" to see the repos you have.
To enable Red Hat Subscription Management repositories:
     subscription-manager repos --enable 
To enable custom repositories:
     yum-config-manager --enable 

このようにアップデートに失敗します。
では、サブスクリプションのアクティベート方法について書いておきたいと思います。

MEMO
プロキシ環境下の場合はhttp,httpsを通しておくこと
プロキシ設定
export https_proxy=https://<プロキシサーバ>:<ポート>
export http_proxy=http://<プロキシサーバ>:<ポート>

サブスクリプションのアクティベート方法について

前提として、有効なサブスクリプションを保有していることとします。
無い場合は取得しておいてください。

基本的に以下の情報があれば、サブスクリプションでアクティベートすることが可能です。

Red Hat Enterprise Linuxのサブスクリプションが無い場合は事前に取得しておいてください。

サーバ登録からサブスクリプションアクティベート

まず、サブスクリプションの状態を確認します。

コマンド実行例
[root@rhel67 ~]# subscription-manager list
+-------------------------------------------+
    インストール済み製品のステータス
+-------------------------------------------+
製品名:           Red Hat Enterprise Linux Server
製品 ID:          69
バージョン:       7.6
アーキテクチャー: x86_64
状態:             不明
状態の詳細:       
開始:             
終了:      

では、サブスクリプションをアクティベーションしたいサーバでsubscription-managerコマンドを実行します。
このコマンドによってレッドハットにサーバが登録されます。

subscription-managerコマンド
subscription-manager register
実行例)
[root@rhel67 ~]# subscription-manager register
登録中: subscription.rhsm.redhat.com:443/subscription
ユーザー名: <登録したアカウント>
パスワード: <登録したアカウントパスワード>
このシステムは、次の ID で登録されました: 5519r701-eafc-48f0-adu2-1b88939c8756f
登録したシステム名: rhel67

「このシステムは、次の ID で登録されました〜」

と表示されれば、サーバの登録は完了です。

プールIDの登録

サーバの登録が完了したら、次にプールIDの登録を行います。

コマンド
subscription-manager subscribe --pool=<プールID>
実行例)
[root@rhel67 ~]# subscription-manager subscribe --pool=8a85d45368a2c0890157acc519752276
サブスクリプションが正しく割り当てられました: Red Hat Developer Subscription

「サブスクリプションが正しく割り当てられました〜」

と表示されればサブスクリプションの適用は完了です。
サブスクリプションの登録状態を確認してみると、
[root@rhel67 ~]# subscription-manager list
+-------------------------------------------+
    インストール済み製品のステータス
+-------------------------------------------+
製品名:           Red Hat Enterprise Linux Server
製品 ID:          68
バージョン:       7.6
アーキテクチャー: x86_64
状態:             サブスクライブ済み
状態の詳細:       
開始:             2018年12月14日
終了:             2019年12月15日

サブスクリプションが適用されていることが確認出来ました。
これでyumでアップデート可能な状態となります。

yumコマンド実行例
[root@rhel67 ~]# yum check-update
読み込んだプラグイン:langpacks, product-id, search-disabled-repos, subscription-manager
rhel-7-server-rpms                                                           | 3.5 kB  00:00:00     
(1/3): rhel-7-server-rpms/7Server/x86_64/group                               | 856 kB  00:00:02     
(2/3): rhel-7-server-rpms/7Server/x86_64/updateinfo                          | 3.1 MB  00:00:02     
(3/3): rhel-7-server-rpms/7Server/x86_64/primary_db                          |  53 MB  00:00:03     

NetworkManager.x86_64                                1:1.12.0-8.el7_6             rhel-7-server-rpms
NetworkManager-adsl.x86_64                           1:1.12.0-8.el7_6             rhel-7-server-rpms
NetworkManager-config-server.noarch                  1:1.12.0-8.el7_6             rhel-7-server-rpms
NetworkManager-glib.x86_64                           1:1.12.0-8.el7_6             rhel-7-server-rpms
NetworkManager-libnm.x86_64                          1:1.12.0-8.el7_6             rhel-7-server-rpms
NetworkManager-ppp.x86_64                            1:1.12.0-8.el7_6             rhel-7-server-rpms
NetworkManager-team.x86_64                           1:1.12.0-8.el7_6             rhel-7-server-rpms
NetworkManager-tui.x86_64                            1:1.12.0-8.el7_6             rhel-7-server-rpms
NetworkManager-wifi.x86_64                           1:1.12.0-8.el7_6             rhel-7-server-rpms
bpftool.x86_64                                       3.10.0-957.1.3.el7           rhel-7-server-rpms
cronie.x86_64                                        1.4.11-20.el7_6              rhel-7-server-rpms

これでサブスクリプションのアクティベートは完了となります。
あと、私も登録しているのですが、Red Hat Enterprise Linux Developer Programというものがあって、開発者ライセンスを取得すると、サブスクリプションが無料で手に入ります。
興味のある方は登録されることをオススメします。

参考 Red Hat Enterprise Linux 開発者プログラムwww.redhat.com

ithinkit

サブスクリプションをアクティベートして、楽しいRed Hat Enterprise Linuxライフを!

以上、あいしんくいっとでした♪(´ε` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)