クリスマス目前!商品レビューまとめ記事

Macのゴミ箱をコマンドで空にする方法

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

前にWindowsのゴミ箱をコマンドで空にする方法について書きました。
Windowsでごみ箱を定期的に空にする方法について

Macでもコマンドでゴミ箱を空にすることが出来ないか調べてみたところ、Linux同様にrmコマンドで出来ることが分かりました。

ithinkit

MacOSもUnixベースだし、出来るのは当たり前か

と言うわけで、今回は「Macでコマンドを使ってゴミ箱を空にする方法について書いておきたいと思います。

Macでゴミ箱をコマンドで空にする方法

まずはターミナルを開きます。

画面下のDockからターミナルを起動します。

[Launchpad] – [その他] – [ターミナル]

Point
コマンド実行するのにターミナルは便利なのでDocksに追加しておくと起動が捗ります。

Macのゴミ箱の実体は各ユーザのホームディレクトリ以下の隠しファイルになります。
例えば、ユーザ「hoge」のゴミ箱はこんな感じ。

GUIで見たゴミ箱
CUIで見たゴミ箱
$ ls /Users/hoge/.Trash/

test1.txt                test5.txt

test2.txt                trash.png

test3.txt                ??????????????????????????????

test4.txt                ?????????????????????????????? 12.48.38

~(チルダ)を用いたパス指定も可能。

~(チルダ)を指定したゴミ箱確認
$ ls -la ~/.Trash/

単純に.Trashフォルダ内を削除すればゴミ箱は空になります。

ゴミ箱削除コマンド
$ rm -rf /Users/hoge/.Trash/*
注意
「-rf」オプション付けてるので強制的にデータ削除されます。パスの指定は慎重に!

これでhogeユーザのゴミ箱は空になります。

また、上記のコマンドをCRONに登録しておくことで「1週間ごとにゴミ箱を空にする」といった定期的な処理も可能となります。

毎週月曜日の22:00に実行
$ crontab -l
00 22 * * 1  rm -rf /Users/hoge/.Trash/*

これで毎週月曜日の22:00に実行してくれるようになります。

タイトル
cronの実行時間にMacが起動してなかった場合は実行されないので注意

ithinkit

ゴミ箱をコマンドで削除する方法、便利なので覚えておいて下さい。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)