Windowsでごみ箱を定期的に空にする方法について

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

今回はWindowsにおけるごみ箱のお話です。
聞くところによるとごみ箱をフォルダのように扱っている方もいらっしゃるみたいですし、ごみ箱って意外に重要なんですよね(笑)
まぁ、「とりあえずごみ箱に放り込んでおいて、必要になったら取り出して使う」といった使い方が便利なのも分からなくないです。
ですが、ごみ箱も容量喰うのでその扱いはしっかりしておかないと面倒なことになります。

Windowsでごみ箱を定期的に空にする方法

Windowsのゴミ箱について

Windowsのゴミ箱の扱い方は大きく分けて2種類あります。
「カスタムサイズ」でごみ箱の容量を指定しておくと、その容量を超えたら自動的に削除してくれる機能はあるのですが、ごみ箱が空になるワケではないです。
3e44dac4-85e7-4699-9a72-7cb76f5db89a

また、「ごみ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去する」にチェックを入れとくと、ごみ箱に入れると同時にいきなり削除出来たりするんですけど、
2a237f20-d66e-4526-be4d-9a9bf2585d00
「やっぱ、戻したい!」ってなった時にとっても困るのでオススメ出来ません・・・。

発見!コマンド一発でごみ箱を空にさせる方法

定期的にごみ箱を空にする方が安心だし、容量的にも優しいと思うんですけどね~。
なので、「コマンド一発でごみ箱を空にさせる方法」ってないのかな~?って調べてみたらありましたよ。

その方法とは、以下のコマンド1行発行するだけ!

rd /s c:\$Recycle.Bin

※ 上記コマンドはごみ箱がCドライブにある場合のみ有効です。ゴミ箱を他のドライブに移動している場合は適宜変更してください。

参考 全てのユーザアカウントのゴミ箱を自動で空にするためのコマンドライン

でも、上記だと削除確認が入るので面倒。
32fafb7d-7080-464f-81bb-dcf811ba368f

なので、”/q”オプションをつけてあげると「コマンド一発でゴミ箱空にする」といったこちらの意図通りの動作が出来ます。

rd /s /q c:\$Recycle.Bin

上記コマンドを実行すると、ごみ箱が空になります。
b9ba392b-800a-4f7e-99bf-8d62e5dada1a

  • コマンド実行前

763077ec-9fff-4ed9-8f1e-1bd83213aac7

  • コマンド実行後
715f2861-3c2b-4716-9f9f-221f06c0d892

Administratorユーザ以外だとエラーが・・・?

理由は分からないのですが、Administrator以外のユーザだとエラーが発生します。
でも、ごみ箱は空になるという・・・。
43701cec-73c1-42dc-bd82-7711812a3d2d
「アクセスが拒否されました。」と言いつつ、データ削除は行われているみたいなのですが、この挙動はバグでないのか?(笑)

どうですか。
あとはタスクスケジューラに組み込んだり、ログイン/ログオフスクリプトに組み込んだりしてあげれば、
「ごみ箱を定期的に空にする」という目標は達成出来そうです。

タスクスケジューラの記事はコチラ。

ログイン/ログオンスクリプトの記事はコチラ。

以上、あいしんくいっとでした( *´艸`)

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

少しでも人の役に立つ記事書くことをモットーにブログ運営しています。
しょうもない記事も多いけど、たまには役立つことが書けると良いかなー。
気軽に楽しんでいってください。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly