商品レビューまとめ記事

AirPods Proノイズキャンセリングが効かない時に確認したい項目6選

本記事対象
AirPods Proノイズキャンセリングが効かない時に確認したい項目が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

AirPods Proのノイズキャンセリングが効かない!

ふと、AirPods Proの物理ボタンを押し込み、ノイズキャンセリングから外部取込みモードに切り替えようとしたタイミングでAirPods Proの調子がおかしくなりました。正確にはノイズキャンセリングどころか、外部音取り込みといった一連の操作が行えない状態になりました。

ithinkit

でも、不思議とAirPods Proで音楽だけは聴ける・・・。
AirPods Proノイズキャンセリングが効かなった時の症状
  • ノイズキャンセリング使えない
  • 外部音取り込み使えない
  • 音楽は聴ける
  • イヤーテストも問題なし

ノイズキャンセリングが使えなくなった時、どう対処すれば良いのでしょうか。
AirPods Proでノイズキャンセリングが使えなくなった時に確認したいポイントを挙げておきたいと思います。

AirPods Proでノイズキャンセリングが使えなくなった時に確認したい6つの項目

AirPods Proでノイズキャンセリングが使えなくなった時に確認したい項目を6つ挙げておきます。
ちなみに★が付いた「ケースにしまって充電」が本命の対策です。私はこれで直りました。上から順番に試して行くと良いと思います。

  • AirPods Proをケースにしまう
  • AirPods Proをケースにしまって充電
  • Bluetooth接続解除
  • iPhone再起動
  • 物理ボタン長押し(左右)
  • 物理故障を疑う

AirPods Proをケースにしまう(充電)

AirPods Proをケースにしまうでだけでノイズキャンセリングが復活すれば最高ですが、ぶっちゃけ望み薄です。

「ケースにしまって充電する」がポイントです。ケースにしまうだけじゃダメで充電するのがミソです。
私の場合はこの方法で復活しました。
AirPods Proをケースにしまって充電

無線充電で直りましたが、有線充電でも良いと思います。
AirPods Proをケースにしまって有線充電

Bluetooth接続解除、再登録(ペアリング)

Bluetooth接続解除だけで直れば良いですが、再ペアリングまでやらないとダメだと思います。
ボタンを押したままにする

Point
AirPods Proの再ペアリングはケース背面のボタンを長押しすることで可能。

iPhone再起動

AirPods Proだけの問題でない可能性もあるので、iPhoneといったスマホ本体の再起動も試してみましょう。
スライドで電源オフ

AirPods Pro物理ボタン長押し(左右)

左右のAirPods Pro物理ボタンを長押しして、ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードが切り替わるか試しましょう。
ノイズコントロール

AirPods Proをノイズキャンセリングに切り替える方法。
AirPods Proノイズキャンセリングに切り替える3つの方法

AirPods Proの物理故障を疑う

ここまで試して復活しなければ、AirPods Proの物理故障を疑う必要があると思います。
Apple公式サイトで修理費用を確認したところ、AppleCare未加入の場合はAirPods Pro片耳で9,800円です。

Point
AirPods修理費用一覧
Appleのサポートに問い合わせしてみましょう。
AirPods の修理サービス

AirPods Proでノイズキャンセリングが出来なくなった時に確認したい項目まとめ。

ノイズキャンセリングが出来なくなった時に確認したい項目
  1. AirPods Proをケースにしまう
  2. AirPods Proをケースにしまって充電
  3. bluetooth接続解除
  4. iPhone再起動
  5. AirPods Pro物理ボタン長押し(左右)
  6. 物理故障を疑う

AirPods Proをケースにしまって充電ってのが最も効果的(私もこれで直った)なので先に試すことをオススメします。

ithinkit

覚えておいてください。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)