あいしんくいっとオススメ商品レビュー

AppleTradeInの下取り金額は安い!メルカリとの差は驚きの結果に!

下取りキット配送中
本記事対象
AppleTradeInの下取り金額とメルカリの差が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

iPhone12購入に伴い、AppleTradeIn(Appleの下取りプログラム)を使ってiPhone7Plusを下取りに出そうと思ったのですが、結果的にメルカリに出品することにしました。

ithinkit

色々あったんです。察して・・・。

結論から言うと、AppleTradeInとメルカリとでは下取り金額に大きな差がありました。

ithinkit

下取り金額の差はおよそ9,000円!

結果的に「AppleTradeInキャンセルして良かった!」という結果になりました。

ithinkit

前日キャンセルという鬼畜の所業。業者の方ごめんなさい。
AppleTradeInキャンセル

iPhone本体のみ業者に渡せばいいAppleTradeInに比べ、メルカリに出すのは色々と手間がかかるのですが、差額を考えるとやむなし。
経緯と結果について書いておきたいと思います。

AppleTradeInとメルカリの下取り金額の違い

AppleTradeIn下取り金額とキャンセルした経緯

AppleTradeInだと、iPhone7Plusの下取り金額は17,000円。下取り上限金額は18,000円だったのですが、いつの間にか1,000円下がってました(笑)
iPhone7Plus下取り金額

Appleの下取りプログラムといっても、結局は下取り業者が値付けしてるだけですからね。市場価格よりも安い金額での下取りが基本となるようです。結局のところ、下取り業者が利益が出せる金額じゃないと買い取ってもらえないのでしょうね。
下取りキット配送中

最初はAppleTradeInで下取ってもらおうと思っていたんですけどね。でも途中で気が変わったんです。
理由は「手続きプロセスが面倒」ってこと。

MEMO
本人確認も厳格で運転免許証や健康保険証、パスポートなど2点アップロードしないといけなかったりととにかく手間。
身分証を確認出来ませんでした。もう一度お試しください。

リマインダーメールが前日に届くって言われていたにもかかわらず、なかなか届かないのでAppleサポートに問い合わせたら、

処理がエラーで止まってます。しかも、ロック解除出来ないです・・・。

Appleオペレータ

との回答。

「Appleと下取り業者の間でしっかりとした情報共有が出来てない」のだろうなぁ〜と推測。なんだか馬鹿馬鹿しくなってキャンセルすることにしました。
iPhone本体渡すだけで完結出来るってお手軽さが良さだと思っていたのにここまで手間かかるともうやってられない。運転免許証だの、健康保険証だの、パスポートだの求められるのはホントだるい!
もう少しだけ情報が必要です

挙げ句の果てにAppleTradeInキャンセルした後にリマインダーメールが届くというお粗末さ。

ithinkit

もうキャンセルしてもーたっての!
集荷リマインダメール

AppleTradeInは前日でもキャンセル出来るみたいですね。もしかしたら、下取りプログラムが正常に処理されてなかっただけかも知れないですけどまぁ、当日になっても業者が集荷に来なかったのでそういうことなんでしょう。

メルカリでの落札金額

AppleTradeInを諦め、メルカリへ出品。商品写真撮ったり、出品のための文言考えたりと手間がかかるのは仕方ない。
よくよく考えたら、iPhone本体以外の付属品は未使用で残っていたので、それはメルカリに出品する上で大きなアドバンテージになるだろうなと。

ithinkit

とりあえず、AppleTradeInよりは高く売りたいな。

落札相場をチェックし、利益を得られるよう値付けしてメルカリへ出品。
メルカリ出品したiPhone7Plus

Point
32,000円で出品して売れず、少しずつ下げて上記金額に落ち着いたってのは内緒。

メルカリに出すときはiPhone初期化しておきましょう。
復元中のアップルマークiTunesでiPhoneを初期化する方法。パスコード忘れも対応可能

というか、iPhone12が出たタイミングでiPhone7の出品。ほんと何世代前の商品なんだって感じ(笑)それでも普通に売れるからAppleブランドってすごいなって思う。メルカリもすごいけど。
メルカリからの落札通知

メルカリで落札されると10%は手数料として引かれる。内訳は以下の通り。
メルカリ販売利益

送料が700円だったので、利益として24,950円は手元に残る計算。
落札商品の配送料

AppleTradeInとメルカリ下取り金額の差

では、AppleTradeInとメルカリでのiPhone7Plusの下取り金額をそれぞれあげておきます。(2020/12時点)

機種名:iPhone7 Plus128GB(SIMフリー)SIMフリーといっても、auで購入したiPhoneをSIMロック解除しただけ。

AppleTradeIn:17,000円
iPhone7Plus下取り金額
メルカリ:25650円(送料除くと24,950円)
メルカリ販売利益

AppleTradeInとメルカリ下取り金額差は8,650円(送料引くと7950円)

それなりに手間がかかったのを差し引いても、メルカリで売る方が断然お得ですね。だって、差額は約9,000円ほど。送料引いても8,000円ですから。


個人的な感想として、「AppleTradeInは下取り金額が安いのでやめたほうが良い」というのが結論。ただ、iPhoneの付属品がなく、状態が悪くて販売に手間をかけたくないのであれば利用しても良いのかも知れないと思いました。

商品の状態が良くて付属品も揃っているなら、多少面倒でもメルカリ、ヤフオクなどで売ることをオススメします。

ithinkit

iPhoneの下取りはメルカリで!

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)