あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

妖怪ウォッチに見る、キャラクターモノの栄枯盛衰・・・。最新作発売でブーム再燃なるか!?

time 2016/07/22

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

「おごれる者久しからず・・・。」

といった言葉もありますが、一時は爆発的な人気を誇った「妖怪ウォッチ」。
生み出したのはイナズマイレブンやダンボール戦記といった人気シリーズを手掛けてきたレベルファイブ。
「百烈肉球〜♪」

というフレーズが今でも頭に残ってます。

もともとは3DSゲーム、テレビアニメが始まって妖怪体操などでいつの間にか爆発的なブームとなり、妖怪メダルをはじめとする関連グッズも品薄状態が続いたり、といったことがありましたが、最近はだいぶ落ち着いてきたというか、”人気の滑落ぶり”が目立ちます。。。

sponsored link

妖怪ウォッチに見る、キャラクターモノの栄枯盛衰・・・。

妖怪ウォッチはなぜ人気なくなったのか?

街角で見かけた、妖怪ウォッチ関連グッズの大幅値下げ。
s-e36ee133-106d-41d1-a289-94f9717bbaac201607212327
子供向けの商品なので実際のところは分かりませんが、子供に聞いても「人気ないんじゃない?」って話を聞きますし、妖怪メダルガチャも売れ残ってるのが目立つので人気ないんでしょうね。。。

こういうの見てると、なんだか切なくなりますね・・・。
ひと昔まえだと、皆喜んで飛びついてたんでしょうけどね。
s-bd93b6e7-be01-453f-9d81-d81c136362e1201607212327
一時はあれだけ人気があったのに、何があったんでしょうかね。
s-97100427-18d4-408a-bcde-d5e00811d103201607212327

妖怪ウォッチの人気が滑落した理由

例え、どれだけ人気が出たとしても、その人気を持続させるのは難しいということなんでしょうね。
分かります。

流通業界関係者は、妖怪ウォッチの人気が下落した理由には2点あるとの見方が広がっている。

1点目は、切り替え戦略のまずさだ。今は改善されているが、昨夏のブーム時のメダルは、最初に発売されたウォッチでは使えないなど、新しく販売される商品と従来の商品に互換性がなく、希少性もあって新バージョンを持っていない子供が満足に遊べない商品だった。我が家もウォッチが当たったものの使えるメダルがなく、すぐにタンスの肥やしになって息子は一時期興味を失っていた。

実際は商品の供給が追いつかないほどの売れ行きだったようだが、“飢餓商法”と揶揄されるほど引用の品薄がマイナスに働いた。

引用元 妖怪ウォッチ、早くもブーム終了で投げ売り?販売激減、過剰生産でブランド失墜

波って重要なんですよね。

確かに比較されがちのポケモンと妖怪ウォッチ。
でも、その差は歴然。


どれだけ頑張っても、妖怪ウォッチはポケモンにはなれないのでしょうか。。。

と、何だか寂しい感じの妖怪ウォッチですが、最新作の「妖怪ウォッチ スシ/テンプラ」が発売されたみたいなので、もしかしたらまた人気が再燃するかも知れませんね。
s-e97c4fa7-ba76-4951-bce0-aac1be0d266b201607212327
Check! またまた来るぞ!妖怪大ブーム!

さぁ、またまた妖怪ウォッチのブームがやってくるんでしょうかねー?

とは言え、妖怪ウォッチ3発売後にも暗雲が垂れ込めている模様・・・。

参考 「妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ」の初週販売数が合計63万2000本の「ゲームソフト週間販売ランキング+」

前作『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』の初週売り上げが130万本だったので、前作と比較すると半減しています。
う~ん、キビシイなー。

あと、タイムリーなネタとして関係してそうなのは以下でしょうか。

参考 【悲報】16日発売の『妖怪ウォッチ3』が在庫余裕で売れてないっぽい? 『ポケモンGO』でもらい事故か

個人的にポケモンGOとは、プレイする層が異なるのであまり関係ないような気はしてるんですけどね。
それでも多少の影響はあるようにも感じます。

まぁ、親としては”下ネタ満載”の妖怪ウォッチよりもポケモンのほうが好ましかったりするんですけどねー。

子ども向けのアニメらしくない大人顔負けの「下ネタ」に、放送中から、

「大丈夫か、妖怪ウォッチ…」
「かなりヤバい」
「ただの下ネタじゃねえか」

との指摘がツイッターで上がった。そして、11月中にBPOへ申告された。BPOの公式サイトによると、視聴者は「子ども向けアニメ番組」と番組名を伏せつつ、

「男性設定のキャラクターが女性化して、意味ありげにバナナを食べるシーンがあった。子どもには意味が分からないかもしれないが、親として非常に不愉快だった」

と前出のシーンを批判した。

参考 「妖怪ウォッチ」の過激な下ネタシーンがBPOに通報される

うん、ダメだこりゃ。。。
いずれにせよ、妖怪ウォッチの人気も長くは続かないのかも知れませんね・・・。

以上、あいしんくいっとでした( `ー´)ノ

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事

アーカイブ