あいしんくいっと

ありきたりだけど、少しだけ役に立つことをありのままに書こうと思う。

Windows10でクライアントHyper-VにCentOS7をインストールしてみた。

time 2015/08/25

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

以前、Windows10のクライアントHyper-Vを有効化した記事を書きました。

セキュアブートに少しハマったものの、仮想マシンの起動まで確認出来たので、今回はCentOS7をインストールしてみたいと思います。

sponsored link

Hyper-VにCentOS7をインストール

それではHyper-VにCentOS7をインストールしていきます。

CentOS7のメディアダウンロード

あらかじめ、CentOS7のisoイメージをダウンロードしておきます。
CentOS7のイメージは以下からダウンロード出来ます。
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/7.1.1503/isos/x86_64/

※ISOイメージは4GBくらいあるのでディスク容量には注意が必要です。

 

Hyper-V起動

「Windows」+「S」を押下し、「hyper」と入力して「Hyper-Vマネージャ」を押下します。
windows10-hyper-v-1

これで「Hyper-Vマネージャ」が起動します。

Linux用の仮想マシンが作成されている前提で話を進めます。
作成がまだの場合、下記記事を参考に仮想マシンを作成してください。

Hyper-vマネージャが起動したら、仮想マシンを右クリックして「接続」を選択します。
windows10-hyper-v-centos-7-0

仮想マシンのコンソールが起動するので、ISOメディアをマウントします。
[メディア] – [DVDドライブ] – [ディスクの挿入]をクリックしてISOイメージをマウントしてください。
windows10-hyper-v-centos-7-1

こんな感じでマウントされます。
windows10-hyper-v-centos-7-2

ISOイメージがマウント出来たら、「起動」を押下します。
windows10-hyper-v-centos-7-3

すると仮想マシンが起動し、CentOS7のインストーラーが実行されますので、CentOS7のインストールを実施します。

※CentOS7インストールの詳細について、ここでは省略します。

windows10-hyper-v-centos-7-4

インストールが完了するとこんな感じ。
試しにTeraTermでSSH接続してみた。
windows10-hyper-v-centos-7-5

Hyper-Vを起動すると仮想マシン分のメモリが確保されるので、仮想マシンの作りすぎには気をつけておきたいですね。
(仮想マシンの利用は計画的に・・・w)
windows10-hyper-v-centos-7-6

今回はHyper-VにCentOS7をインストールしてみましたが、SSH接続も問題なく出来ましたし、特に動作に問題はないようでした。
過去にHyper-VにLinuxをインストールしたときは、NW周りの挙動がおかしかったり(ping飛ばない、SSH接続出来ない)したのですが、どうやら改善されているようですw

今後はスナップショットや仮想マシンのクローニング、作成した仮想マシンの構成変更といった、もう少し突っ込んだHyper-Vの使い方を見ていきたいと思います。

以上、あいしんくいっとでした。


sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author

あいしんくいっと

あいしんくいっと

あいしんくいっとの中の人。

ありきたりだけど、自分なりの視点で少しでも人の役に立つ記事をありのままに書くをモットーに。 たまには役立つことが書けると良いかな。

サイトポリシーはこちら

聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly

Twitter

オススメ記事

アーカイブ