あいしんくいっとオススメ商品レビュー

Windowsのタスクスケジューラで履歴が表示されない!そんな時は履歴の有効化をしよう。

本記事対象
タスクスケジューラで履歴を表示させる方法が知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

以前、タスクスケジューラの基本的な使い方を紹介しました。
Windowsタスクスケジューラの基本的な使い方について

タスクスケジューラに登録して、正常に処理が実行されれば良いのですが、時としてタスクが上手く実行されない時があります。
そんな時、トラブルシューティングの助けになるのが「履歴」になります。

デフォルトだと「履歴(無効)」となっているので実行履歴を確認することが出来ません。
タスクスケジューラの履歴タブ

MEMO
Windows10、WindowsServer2019といった最新OSだとデフォルトで有効になっている模様

なので、今回は「タスクスケジューラの履歴を有効化する手順」を書いておきたいと思います。

確認したOS
WindowsServer2012R2

タスクスケジューラの履歴を有効化

イベントビューアを起動

[Windows] + [R]を押下して「eventvwr.msc」と入力。
ファイル名を指定して実行「eventvwr.msc」

ログ(履歴)の有効化

[アプリケーションとサービスログ] – [Microsoft] – [Windows] – [TaskScheduler]と展開し、「Operational」を選択して右クリック「プロパティ」を選択します。
アプリケーションとサービスログ「Operational」

「ログを有効化にする」にチェックを入れて「適用」して「OK」と押下します。
「ログを有効化にする」にチェック

タスクスケジューラを開きなおすと、「履歴」タブの無効の文字が消えています。
有効になったタスクスケジューラの履歴タブ

履歴が有効になったことを確認

試しにタスクを実行してみると、履歴が表示されるようになります。
表示されたタスクスケジューラの履歴タブ

いかがだったでしょうか。
タスクの実行履歴が見えると、タスクスケジューラを使う際に何かと便利です。
ですので、タスクスケジューラの履歴は有効化しておいて損は無いと思います。

以上、あいしんくいっとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)