あいしんくいっとオススメ商品レビュー

Windows10でISOイメージを作成する方法【ImgBurn編】

本記事対象者
Windows10でISOイメージを作成する方法について知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

ithinkit

Windows10でISOイメージを作成したい!

データをCD/DVDといったメディアにコピーして保管しておくのも良いのですが、なにかとかさばります。
しかも、ノートパソコンは軽量化の流れかメディアドライブを搭載してないことがほとんどなので、データをISO化して持っておくと保管が捗ります♪
ノートパソコンに繋いだ外付けDVDドライブ
と言うわけで、今回は「Windows10でISOイメージを作成する方法【ImgBurn編】」を書いておきたいと思います。

Windows10でISOイメージを作成する方法【ImgBurn編】

ImgBurnをインストール

Windows10のパソコンで「ImgBurn」というツールを使ってISOイメージを作成します。
お手持ちのWindowsパソコンにImgBurnをインストールしておいてください。

ImgBurnのインストール方法については以下のURLを参考にしてください。
参考 ImgBurnのダウンロード・インストール・日本語化freesoft.tvbok.com 参考 Windows:DVDからISOファイルを作成するには?office-qa.com

ImgBurnを使ってISOイメージ作成

では、ImgBurnを使ってメディアのISOイメージを作成します。
ISOイメージ化したいメディアをマウントした状態でImgBurnを起動します。

MEMO
パソコンにCD/DVDが搭載されていない場合は外付けドライブを利用してください。

ノートパソコンに接続した外付けCD/DVDドライブ

ImgBurnが起動したら「Create image file from disc」を選択します。
ImgBurnが起動したら「Create image file from disc」を選択

ImgBurnがマウントしたメディアを認識していることが確認出来たら、画面下のアイコンをクリックします。
ImgBurnがマウントしたメディアを認識

これでデータ読み出しが始まり、ISOイメージが作成されます。

MEMO
パソコンの性能にもよりますが5分~10分位でISOイメージ作成が完了するはず
ImgBurnでISOイメージ作成完了

作成したISOイメージは「DamonTools」や「VirtualCronedrive」といったアプリでマウントして使うことが出来ます。

Point
Windows10であれば標準機能でISOイメージのマウント可能
WindowsOS標準機能でISOイメージをマウント
このようにISOイメージがマウント出来ます。
マウントされたISOイメージ

これでISOイメージが作成出来ました。
CDやDVDメディアに入ったデータをISO化して保管しておくことで、物理的にメディアマウントすることなくデータの参照が可能なのも嬉しいですね!

MEMO
ISOイメージは元あったメディア分の容量と同一なのでNASや外付けHDDといった大容量記憶装置に保管しておくことをオススメします。

ithinkit

ISOイメージはデータなので、「バックアップのバックアップ」といった感じで複数のHDDにコピーしておくと更に安心ですねー♪

MacでISOイメージをディスク化する方法はこちら。
Mac(HighSierra)でisoイメージをディスクに焼く方法

以上、あいしんくいっとでした(=゚ω゚)ノ

7 COMMENTS

アバター imgburn

お聞きしてすみません。
Macに対応しますか。
あとイメージファイルをディスクに書き込むと画質が落ちるのでしょうか。

返信する
あいしんくいっと あいしんくいっと

Macに対応という意味がよく分からないですが、作成したISOファイルはMacでも利用可能です。
あと、ISOファイルをディスクに書き込んでも画質が落ちるといったことはないと思います。
(ISO作成の際、圧縮したりすれば話は別ですが・・・)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)