あいしんくいっとオススメ商品レビュー

WebClientのタイムアウト時間を変更する方法

本記事対象者
WebClientのタイムアウト時間を変更する方法について知りたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

WebClientのタイムアウト時間はデフォルトだと2時間(120分)。
運用によってはタイムアウト時間を短くしたり、長くしたりしたいことがあります。

今回はWebClientのタイムアウト時間を5時間(300分)に変更してみたいと思います。

MEMO
WindowsにインストールしたvCenterの設定となります。

WebClientのタイムアウト時間を変更する方法

WebClientのタイムアウト時間変更するには以下のファイルを編集。

“C:\ProgramData\VMware\vCenterServer\cfg\vsphere-client\webclient.properties”
webclient.propertiesの場所
このファイルの「session.timeout」という設定値を変更。
「session.timeout」の設定値変更
変更前)
# Web client session timeout in minutes, default is 120, i.e. 2 hours
session.timeout = 120

変更後)
# Web client session timeout in minutes, default is 120, i.e. 2 hours
session.timeout = 300

変更が完了したら、設定反映のためにvCE nterサービスを再起動します。

注意
vCenterServerが物理か、仮想アプライアンスかによって再起動方法は異なるので注意。
(サーバ再起動でも可)

Windowsサーバにインストールした場合

vSphere Web Client サービスを再起動します。
Windows オペレーティング システムの場合、VMware vSphere Web Client サービスを再起動します。コマンドでやる場合は以下の通り。

vSphere Web Client停止
C:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin\service-control --stop –all
vSphere Web Client起動
C:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin\service-control --start –all

仮想アプライアンスの場合

vCenter Server Appliance の場合は、vsphere-client サービスを再起動します。

注意
vSphere Web Client サービスを再起動するには、次のコマンドを実行します。

vCenter Server Appliance の場合:

vsphere-client再起動
/etc/init.d/vsphere-client restart

vCenter Server Appliance 6.x の場合:

vsphere-client停止
service-control --stop vsphere-client
vsphere-client起動
service-control --start vsphere-client

これでWebClientのタイムアウト時間は5時間に変更されました。

デフォルトのタイムアウト時間が2時間と長いので、変更する可能性は低いと思いますが、設定変更出来るということ、手順くらいは覚えておいて損はないかと思います。

以上、あいしんくいっとでしたψ(`∇´)ψ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)