さくらのVPSを1年間利用してみた感想。転送量無料なのは嬉しい限り。

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

DTIのServersMan@VPSから、さくらのVPSに乗り換えて約一年が経ちました。
この一年、VPSで障害が起きることもなく、快適なVPSライフを送ることが出来ています。
今、あなたが見ているこのブログも「さくらのVPS」で動いています。

さくらのVPSの信頼性

私がサーバに一番求めるもの、それは「信頼性」
24時間365日稼働が前提のサーバなのに頻繁に止まってたら、お話にならない訳で。
実際、さくらのVPSサーバにログインして確認したところ、連続稼働326日となってました。
というか、326日連続稼働って何気に凄い事だと思います。

uptimeの結果
[root@sakura ~]# uptime
22:29:13 up 326 days, 11:03,  1 user,  load average: 0.12, 0.14, 0.13

思い起こすと、CONOHAのVPSでは酷い目にあったのですが、さくらのVPSだと嘘のように安定しています。
ConoHaのVPSを二日で解約!勝手にサーバ停止させられたので解約したった話

あと、サーバ負荷ですが、本ブログの場合は平均すると常時接続30くらいになりますが、キビキビとアクセスを捌いてくれていてモタつきを感じることはあまりありません。

以前、ServersMan@VPS使ってた時はバズと呼べるレベルのアクセスを経験した事もあったのですが、さくらのVPSに乗り換えてからは残念ながらバズはありません。。。
確か、前にバズった時は、まるでフリーズしたかのような挙動だったと記憶してます。

嗚呼。あの頃が懐かしい(遠い目)

さくらのVPSの管理性

普段はSSH接続でサーバ管理していますが、コンソールもついているので、仮にSSH接続が出来なくなったりと万が一の場合にも対処可能なのは嬉しい限り。

しかも、管理コンソールからリソース状況も確認可能なので安心してサーバ運用を行うことが出来る。
確認可能な項目はCPU,MEMORY,DISKIOの3項目。

さくらのVPSのコストパフォーマンス

年払いで12,312円。
月にするとちょうど1,000円ぐらい。

これを安いととるか、高いとるか。
何ですけど、個人的にはこれだけのパフォーマンスで月1,000円は安いのではないかなぁ〜、と思いますね。ディスクもSSDだしね。
これまでロリポップ→ServersMan@VPS→CONOHA(一瞬)→さくらのVPSと乗り換えて来ましたが、当分はさくらのVPSを利用し続けると思います。

他の方もさくらのVPSはサクサクって言ってるし。

いっとき、AWS使ってブログ運用を試みた事もあったのですが、転送量の課金が半端なかった。
個人ブログを運営するにはAWSの料金は高すぎるのかも知れない・・・。 そう考えると、転送量課金の無いさくらのVPSはまさに神そのもの!


これからもよろしく。お世話になります。

ithinkit

さくらのVPS
はオススメです!

以上、あいしんくいっとでした♪( ´▽`)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)