MacからiPhoneへ簡単コピペ!ユニバーサルクリップボードは便利な機能!

どーも。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

MacからiPhoneへ簡単にコピーする方法があります。
それは「ユニバーサルクリップボード」という機能です。
MacからiPhoneへ直接コピー出来るという、大変便利そうな機能なので使ってみることにしました。

ユニバーサルクリップボード使用要件

ユニバーサルクリップボードを使用するには以下の条件があります。

  • デバイスが連係機能のシステム条件を満たしている必要がある
  • Wi-Fi、Bluetoothが有効になっていること
  • Handoff が Mac の「システム環境設定」と iOS デバイスの「設定」で入になっていること
  • MacとiPhoneで、同じ Apple ID を使用していて iCloud にサインインしていること
利用するまでのハードルが地味に高いのがたまにキズといったところでしょうかね。

MacからiPhoneへコピペ

では、ユニバーサルクリップボード機能を用いてMacからiPhoneへコピペしてみます。
まず、Macで適当な文書をコピー。

続いて、iPhoneでペーストするとMacでコピーした内容がiPhoneにコピーされました!

うほ。ちょっぴり感動。
画像とか表とか書式丸ごとコピー可能。

ほら、この通り。

iPhoneからMacへコピペ

では、次に逆コピーを試してみます。
iPhoneでコピーしたものをMacへペースト。

ちなみにこの記事はMacで書いてます。
で、iPhoneからペーストしたものは以下です。
§ コーポレートサイト構築
・レンタルサーバ
月額1,000円程度
・ドメイン取得
年 3,000円程度
・メールアドレス取得
gmailなら無料
・ワードプレス構築
OS: Linux
ミドル: nginx php-fpm MariaDB

とまぁ、こんな感じでユニバーサルクリップボードを使うことが出来ました。
MacからiPhone、iPhoneからMacの双方向でコピー&ペーストが可能です。

正直、ユニバーサルクリップボードを利用するまでのハードルが高いので、MacとiPhone間でデータやりとりしたいのであれば、EvernoteとかWebアプリ使えば良いような気もしなくも無いです。
ただ、MacとiPhone使ってて、上記の条件クリアしてるなら、簡単にコピペ連携出来るユニバーサルクリップボード機能は便利だなーと思いました。

ithinkit
利用出来る方はぜひ、ユニバーサルクリップボードを活用してみてください。

以上、あいしんくいっとでした( ・∇・)

こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

あいしんくいっとの中の人。

少しでも人の役に立つ記事書くことをモットーにブログ運営しています。
しょうもない記事も多いけど、たまには役立つことが書けると良いかなー。
気軽に楽しんでいってください。
聞きたいことがあれば、気軽にツイートください♪可能な範囲でお答えします。
follow us in feedly