あいしんくいっとオススメ商品レビュー

iPhoneのAirDropには気をつけろ!知らずに個人情報を垂れ流す結果に!

本記事対象者
iPhoneのデータ転送機能「AirDrop」の危険性について知っておきたい方

ども。あいしんくいっと(@ithinkitnet)です。

iPhoneのデータ転送機能の一つに「AirDrop(エアドロップ)」という機能があります。
このAirDropという機能は、簡単に言うと「近くの人と無線機能(WiFiもしくはBluetooth)を利用してファイル共有出来る」というものになります。なので、WiFi環境下でなくともパケットを消費することなくデータの受け渡しが可能です。
しかも、AirDropは転送速度が速い!

でも、このAirDrop、気を付けないと個人情報を垂れ流すことになりますよ?

iPhoneのAirDrop機能には気をつけろ!

知らず知らずのうちにiPhoneの名前を垂れ流してしまってるんですよ、AirDropはね。
iPhoneに自分の名前を設定している人は特に注意が必要!

気づきはなんてことないTwitterを使ってた時

電車の中で何気なくTwitterの画像を保存しようとした時に違和感を覚えました。

ithinkit

ん〜。
なんだろう、なんか見覚えのない人が表示されてるような気がする・・・。
タップしてairdropで共有プライバシー確保のためモザイク入れてますけど、どうやらAirDrop機能が有効になっているiPhoneが近くにあるとiPhone情報を拾ってくるようです。

調べてみたところ、ビンゴな記事を発見!
参考  AirDropって範囲はどれくらいですか?

AirDropではWi-FiとBluetoothを使って画像などが転送されますが、相手が同じWi-Fi上にある場合はWi-Fi経由で、相手が約10メートル以内にいる場合はBluetooth経由で転送されます。
近くにいる人に写真や画像、動画、書類、WEBページ、連絡先などを送りたいという時に使います。
勝手に送られるわけではありません。送信時に相手を選び、受信する側も受信許可をしないと送れません。

皆、AirDropの存在を知ってるのか、それとも知らないのか・・・。
ともかく、電車の中とかだとまさに入れ食い状態(笑)
タップしてairdropで共有再び
いずれにせよ、AirDrop機能が有効になっている人の多いこと、多いこと。
先ほど上でも書きましたが、iPhoneの名前を自分のものにしている場合はプライバシー垂れ流し状態になるので非常に危険です!

AirDropの無効化手順

AirDropの無効化は非常に簡単です。
画面下をスワイプし、コントロールセンターを呼び出し、
iPhoneコントロールセンター
「AirDropを受信しない」をタップするだけ。
AirDropを受信しない
これでAirDropが無効になり、第三者にAirDrop経由でiPhone名がバレることはありません。

とりあえず、通常時はAirDropを無効化しておき、必要な時にだけAirDrop機能を有効にして使うことを激しくオススメします!

ithinkit

合わせて、iPhone名も変更しておくと更にGood!

以上、あいしんくいっとでした( ͡° ͜ʖ ͡°)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)